コロナ禍で3割が毎日スマホゲームをプレイ 課金の実態調査も(クロス・マーケティング調べ)

access_time create folderゲーム

マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングは8月、全国15~69歳の男女2195人を対象に「ゲームに関する調査」を実施。スマホゲームについて、コロナ禍前とのプレイ時間や支出の変化、課金、ゲームを行なうシーン、選定理由などを調査した。

この1年間でスマホゲームを1回以上プレイした人は全体の52%。そのうち、月に1回以上プレイしているのは48%と約半数で、毎日プレイするヘビー層は31%だった。ヘビー層を性年代別に見たところ、男性10代が59%、男性20代37%、女性10代48%、女性20代43%と、10~20代が高い数値となった。また、男女60代でも毎日プレイする人は2割程度と、スマホゲームは多くの世代で頻繁にプレイされていることがわかった。

この1年間に1回以上スマホゲームを行なった1148人に、コロナ禍前後でゲーム時間と支出の変化を尋ねたところ、「コロナ以降の方が長くなった」は34%だったが、女性10代が58%、女性20代が43%で、群を抜いて高い結果となった。一方、支出の変化では15%が「コロナ以降の方が支出が増えた」と回答し、特に男性20代の25%、男性30代の24%、女性10代の23%は増えた割合が高くなっている。

スマホゲームを月に1回以上プレイする1051人に、どのようなときにプレイするのかを訊いたところ、「自宅でくつろいでいるとき」が65%でトップとなり、次いで「やることがないとき」49%、「空いた時間があればいつでも」23%、「寝る前にベッド・布団の中で」22%と続いた。なかでも、女性10代は「やることがないとき」「空いた時間があればいつでも」「寝る前にベッド・布団の中で」が他の年代より高く、四六時中プレイしているようだ。

スマホゲームの選定時重視点は「お金がかからない・価格が安い」が38%、「長く遊べる」25%、「好きなジャンルのゲームである」26%、「操作やルールがわかりやすい」21%と、費用面とゲーム内容が上位で、男性50代、女性30~50代は費用面を最重視していることがわかった。「やり込み要素がある」は全体で14%程度であるが、男性10代は27%、男性20代は24%と突出して高かった。

直近3か月にスマホゲームに「課金」したのは23%で、課金者のうち3か月分の課金価格帯は、「1000円未満」40%と「1000円~3000円未満」23%を合わせて、3000円未満が6割以上を占めた。1か月の課金平均価格は2034円で、男性20代は2958円と最も高く、次いで男性30代の1734円となった。

スマホゲームのジャンルとプレイ理由を、コレスポンデンス分析(Correspondence Analysis)を用いて解析したところ、Z世代(15~25歳)は「話題作りになる」「ゲームを通じて競い合う/新しい友人・知人ができる」「友人・知人・家族と一緒に遊べる」という理由から「FPS・バトルロイヤル」を選定している。男性20代は「勝ちたい・負けたくない」から「デジタルカードゲーム」「アクションRPG」、男性30代は「スポーツゲーム」「シミュレーション/コマンドRGP」「ストラテジーゲーム」とジャンルは多彩で、男性40代は「位置情報ゲーム」を好んでプレイしていた。男性50~60代、女性30~60代は「ひまつぶし・時間つぶし」から「パズルゲーム」をチョイスしていた。

ゲームに関する調査(2021年8月)スマホゲーム編 | リサーチ・市場調査ならクロス・マーケティング:
https://www.cross-m.co.jp/report/it/20210824game/[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

access_time create folderゲーム
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧