乾電池や内蔵バッテリーからスマホの充電もできるイマドキな防災クロック リズム「4RQ001-003」レビュー

access_time create folderデジタル・IT

災害が起きた際、確実に情報を収集する手段として活躍するラジオ。ラジオにライトや手回し充電といった様々な機能を持たせた“防災ラジオ”が各社から製品化されていますが、リズムが7月に発売した「4RQ001-003」は、多機能な防災ラジオでありながら、目覚まし時計として普段づかいができる“防災クロック”。スマホの充電もできるイマドキな防災クロックのレビューをお届けします。

通常は時計として利用でき、アンテナを伸ばせばAM/FMラジオとして利用可能。AM電波が入りにくい場所でもFM周波数を利用してAMラジオが聞けるFM補完放送に対応します。災害時は携帯電話の電波がつながりにくくなったり、停電でWi-Fiが使えなくなる場合もあることから、いざというときに頼りになるのがラジオ。一家に1台は用意しておきたいものです。

目覚まし時計のアラームは電子音かラジオから選択可能。上面のパネルで切り替えとスヌーズの操作ができます。

単三電池4本で動作し、時計なら約3年間、ラジオなら約60時間、使用することができます。

600mAhのバッテリーを内蔵し、背面のハンドルを使った手回し充電、側面のUSB Type-CポートからUSB充電器などで充電するUSB充電に対応します。電源の種類は上部パネルのスライドスイッチから選択可能。内蔵バッテリーはUSB充電でフル充電にした場合、時計なら約170日、ラジオなら約8時間の利用ができます。手回し充電では動作時間が短くなり、時計は約6日、ラジオは約13分。

側面にはUSB-Aポートを搭載し、携帯電話やスマホの充電に利用できます。電源は内蔵バッテリーだけでなく、乾電池からも充電できるのがポイント。単三電池も一緒に持ち運べば、非常用モバイルバッテリーとして活躍します。USBケーブルは付属しないので、一緒に持ち出せるように準備しておきましょう。

懐中電灯として使えるライトも搭載し、防災グッズとしての機能は十分。ライトは乾電池で約120時間、内蔵バッテリーで約17時間、手回し発電で約25分、使用することができます。

本体には持ち運びやすいハンドルが付属。キャンプや釣りなどアウトドアのお供にも活躍しそうです。4RQ001-003の希望小売価格は1万1000円(税込)。記事執筆時点で、Amazonでは7000円(税込)で販売されています。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧