ラーメンライター井手隊長の美味しかったラーメン月間ベスト5(2021年7月)

access_time create folderグルメ

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。今回は私が7月に食べたラーメンの中で美味しかったラーメンベスト5をお届けします! 殿堂入りのお店は除外させていただき、初めて訪れたお店に限らせていただきました。美味しいお店探しの参考にしていただければと思います。コロナ騒ぎでなかなか外食が厳しいという方も多いと思いますが、一日でも早く終息することを願って。それでは発表します!

第5位:Hanaワイン(大井町)

大井町のワインバーがコロナ禍でラーメンを提供し始め、話題に。超昭和レトロな飲み屋街の中にあるお店。店主の塙さんのラーメン好きが高じて、研究の末、メニュー化。

オススメは「煮干しラーメン」。かなり厚めのダシで煮干し感バリバリ。塩味もある程度強く、極太麺がよく絡む。麺ははやし製麺所製。

お酒好きの店主が作っただけあって、パンチの効いた味わいだが、刻み紫タマネギやキクラゲなど食感のアクセントもあり、いい一杯になっている。コロナ禍を乗り切ってもらいたい。

第4位:めんや 長いち(福山(広島))

広島県福山市の豚骨ラーメンの人気店。福山駅からも歩けてアクセスの良い場所。なかなかくたびれた感じの外観でそそる。オヤジさんが1人で切り盛りする。食べ終わったお客さんに「そこにお金置いといて」みたいなアバウト感がまた良い。

豚骨ラーメンは「とんこつ」「どとんこつ」「ストロング」の3段階から選べる。一番濃厚な「とんこつらーめん ストロング」を注文。メニューの横には「魁龍」「無鉄砲」と濃厚豚骨ラーメンの代名詞のような店名が書いてある。

ザラッザラの豚骨スープに悶絶! 極細麺がスープを持ち上げまくる。こんな極濃のザラザラ系が福山で食べられるとは。驚きの一杯だった。

第3位:麺屋 桐龍(東川口)

 

川口にある二郎系の超人気店。

「小らーめん」をいただく。着席前にシートにお好みを記入する。野菜少し増し、にんにく少なめ、あぶら少し増しで注文。

赤いカウンターは一席ごとに完全に分かれていて、コロナ対策バッチリ。

クタっとした野菜に柔らかめの脂がかかる。しっかり乳化した呼び戻しスープは九州の豚骨ラーメン店のよう。ここに二郎系独特のカネシ醤油がバツグンに合う。そして高橋製粉の専用粉を使った極太のワシワシ麺。これがまた最高。かなりレベルの高い二郎系としてオススメ。

第2位:彩膳ちくら(白山(新潟))

 

新潟にある隠れ家的な和食屋さん。房総の千倉出身の店主が営む。これぞ料理というべき手の込んだ逸品がたくさんで、いちいち驚く。

ここで出している「ちくらーめん」がまた絶品だ。

手打ち包丁切りの麺にあっさりとした魚介ダシのスープ。ほんのり醤油の酸味が良い。無かんすいの麺は手打ちの食感と啜った時の口当たりが最高。別皿のチャーシューなどトッピングを入れると、チャーシューの香ばしさがスープに移り、また最高の味わいに。

これは恐れ入った。ラーメン専門店ではないが、ぜひオススメしたいお店だ。

第1位:ラーメン たいち(長岡(新潟))

新潟の長岡生姜醤油ラーメンの超人気店。2009年オープン。小千谷の“ヒグマ”出身。

「正油チャーシュー」を注文。具はチャーシュー、ほうれん草、ネギ、メンマ。麺は太め縮れの越後製菓で作った特注麺。

スープは青森県産の豚ゲンコツに長ネギ、ニンニク、生姜などの香味野菜をふんだんに使用。豚の旨味たっぷりのスープに生姜がバシッと効き、そこにモチっとした太めの麺が絡み、最高。素朴さも多少残しながら、かなりハイレベルに味を作っている感じで最高に美味しかった。

チャーシューはウデ、肩、モモなどいろんな部位をそれぞれの切り方で入れてあり、味、食感ともに楽しい。チャーシューを一本買いする人が多いのも頷ける。

誰にでもオススメできる名店。

※こちらのランキングは筆者のYouTubeでも紹介しています。合わせてチェック!

(執筆者: 井手隊長)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧