不倫をされて復讐するなら?犬飼貴丈「中途半端な復讐はしないかな」YouTubeは“作品を撮っている感覚” ドラマ『サレタガワのブルー』撮り下ろしインタビュー

access_time create folderエンタメ

セモトちか先生の大人気“不倫”マンガを原作としたドラマ『サレタガワのブルー』がMBS/TBSドラマイズム枠にて好評放送中。主人公・田川暢(たがわのぶる)を演じる犬飼貴丈さんの撮り下ろしインタビューをお届けします。

不倫を“シタガワ”、“サレタガワ”――
誰もが羨む素敵な夫婦なはずだったのに、妻にはある秘密があった。なんと夫に隠れて不倫をしていたのだ…
サレタガワの夫が、絶賛不倫中の妻に罪を償わせるため動き出す! 自分の欲望のためならどんなことでもやってのける“シタガワ”vs身勝手な不倫に傷つけられる“サレタガワ”。不倫に対する怒りと憎しみとイライラと、心のざわつきが止まらない新感覚不倫エンターテインメント作品です。

不倫された夫・田川暢(たがわのぶる)役の犬飼貴丈さんに、ドラマ後半に向けての見どころや浮気観、またご自身のYouTubeチャンネルについてなど、お話を伺いました。

「終盤になってくると、観ている方も笑っちゃうんじゃないかな」

――撮影に入って、改めて作品の印象は?

犬飼:観ている方もフラストレーションが溜まる展開なのかな、と思うんですけど、でも逆に続きが気になるんだろうな、という終わり方に毎話なっているなと思います。なので、視聴熱はすごく高くなるんじゃないかなと感じています。

――前半で印象に残っているシーンやエピソードがあれば教えてください。

犬飼:暢の妻・藍子さんが不倫相手とホテルに入っていくところを暢が初めて目撃してしまう、みたいなところは序盤の方に撮影したんですけど、割と記憶に残っていて。実際のラブホ街みたいなところで撮影したので、ホテルから実際に出てくる一般の方からの「何撮ってんだよ」のような目を感じながらの撮影だったので、自分の中で変に印象に残ってしまうシーンでしたね。

作品的な部分では、暢の友達の民くんが「藍子さんは浮気してる」と暢に言ってくるところは、「あ、ついに動き出すな」という印象的な場面だと思います。

――原作よりもドラマはシリアスというか、サスペンスっぽいトーンになっていますよね。

犬飼:そうですね。あと、文字だけが画面に表示される演出とかがあったりして。

――印象に残る面白い演出が多いですよね。原作は少しコメディタッチな部分で緩和されているところがある気もしますが、ドラマはゾクッと怖い印象が強くなっていると感じました。

犬飼:やっぱり裏切りってすごい鋭さがあるんだな、と感じさせられるような演出が多いですね。でも終盤になってくると、観ている方も笑っちゃうんじゃないかな、と思います。「まじかよ?」みたいな、暢も終盤はもはや面白がっちゃう、みたいなところがあるので、観てくださっている方々と一緒にそれを感じられるかなと思います。

――犬飼さんは、暢との共通点や共感できる部分はありますか?

犬飼:料理は僕も日頃からするので、そこは自分と似ているところかなと感じながら料理シーンはやっていました。

――では、日頃の腕前が披露されていると。

犬飼:大したことではないですけど、なんとなく普段からやっている感は出ているんじゃないかな、と思います。

――撮影現場の雰囲気は和やかなんでしょうか?

犬飼:学校の休み時間みたいな感じでした。スタッフさんたちとずっと話していて、「ハイ、撮るよー!」って怒られて「すみません!」みたいな、先生が来るまでずっと喋っているような穏やかな現場でしたね。ずっとシリアスでもしんどいじゃないですか。だから良かったなと思います。

――そもそも不倫のお話ですが、犬飼さん自身は浮気は許せるタイプですか?

犬飼:許せないかもしれないですね。好きであれば好きであるほど、なのかなとは思います。(浮気をされた経験は)今のところはないと思っているだけかもしれないし、僕が気づく範囲ではないですけど、そういうことを言い出したら、もはや付き合えなくなっちゃうな、みたいなところはあるので。

――どこからが浮気だと思いますか?

犬飼:自分に言わずに相手と2人きりでご飯を食べに行ったりしたら、もう浮気かなと。言ってくれたら全然大丈夫です。

――昔からの男友達で、「言うの忘れちゃった」といった場合は?

犬飼:ああ~、「今度から言ってね」という感じですけど……(苦笑)。“言わない”のと、“隠している”の区別がつきにくいじゃないですか。そこを明確にしたいので。だから、“言わない”のは“隠している”ということだとハッキリさせたいので、「きちんと言ってね」という感じにしますね。

――本作は不倫された暢が復讐をしていく話ですが、犬飼さんだったらどんな復讐を考えますか?

犬飼:復讐も疲れそうだしな~。復讐するとするならば、ってことですよね?……たぶん、疲れるので僕はしないと思うんですけど、もし、僕が復讐するのであれば、中途半端な復讐はしないかなとは思いますね。もう相手の人生をすべて潰すような感じにしちゃうかもしれないです。小さな復讐とかじゃなくて、するならもうとことんやっちゃうかもしれないですね。もしかしたら僕は、暢より優しさを持ち合わせていないかもしれないです(笑)。

――犬飼さんから見て、暢はちょっと甘いと感じる?

犬飼:そうですね。復讐に関してもそうだし、形見とはいえ、ピアスを付けているのも僕自身は納得できない。暢の恋愛観とか感じ方は、あまり理解できないところが僕は多かったかな、という感じです。

――それは逆に面白かったり、「へえ!」と感じる部分もあったのでは?

犬飼:ありましたし、台本を読みながらフラストレーションが溜まったりとかもしました(笑)。「いや、言えよ!」とか「もうちょっと頑張れよ!」、「うわ、そこ泣き寝入りしそうになるか」とか、少しウジウジしているときも「始めから気づけよ!」みたいな。客観的に見れているからこそ、そう思う部分は多かったかもしれないですね。

YouTube「THE 犬飼」に込められているメッセージとは

――先程、普段から料理をするとおっしゃいましたが、犬飼さんは昨年から始められたご自身のYouTubeチャンネルでも料理動画など公開されていますね。独特な空気感を持つチャンネルだと感じているのですが、テーマやアイデアはどんなときに思いつかれるのですか?

犬飼:まず、YouTubeを始めるにあたり、週3本は動画を出すという話になったんですけど、でも僕はYouTuberではないので、例えばこうやって作品の撮影に入っているときに週3本出すのってけっこう厳しくて。何だったら出せるんだ?と考えたときに、ごはんは生きていれば1日に1回や2回は必ず食べるから、それを企画にしよう、となりました。なるべく番組っぽくない感じでやろうと思って今に至っています。

だから、作品を撮っている感覚にすごく近くて。生きている人の様子、みたいな(笑)、作品を撮っている感覚です。

――動画の編集はご自身でされているんですか?

犬飼:ほぼそうですね。テロップを考えたり、カットをしたりも割と自分でやっています。でも、全部自分では出来ないので手伝ってもらっている部分もあるので、そこにすごく救われているところはありますね。今は任せられるところは任せて、自分じゃないと出来ないところは自分でやって、という体制です。

――ファンの方からの反響は? 「びっくりした」といった声などありましたか?

犬飼:それは多かったかなと思います。僕は自分のYouTubeをそんなにYouTubeっぽいものとして捉えていなくて、「あくまで作品だよ、という感じで見てね」みたいに思っています。“出演・演出・監督:自分”みたいな。

――ナチュラルな雰囲気でご友人も出演されたりと交友関係なども垣間見れますが、犬飼さんの所属事務所のチェックも入っているんですよね?

犬飼:入っています。あれも作品として、ただ撮っているだけじゃ面白くないから、けっこう大変で(笑)。本当に裏話になるんですけど、それぞれキャラをつけて、役割を与えて、大体こういう流れで、とやっています。何か1つずつポイントで狂気的な部分をつけていって。あれは、ある種のメッセージみたいなものが自分の中では込められているんですけど、それを読み取ってくれる人は読み取ってくれるし、純粋に楽しんでくれる人は楽しんでくれるし、引く人は引くだろうなと思いながらやっています。

――しっかり作り込まれていて、本当に作品なんですね!

犬飼:だと僕は思っています! だから、友達ですけど、動画を撮っていないときは全員無言なので(笑)。

――え!! あんなに仲良く楽しげに見えるのに!

犬飼:(撮っていないときは)もうみんな死んだ目をして……それは冗談ですけど(笑)。ずっと普通に一緒に居るテンションだと、やっぱり作品として成立しないというか、面白くない映像になるので、すごく協力的にそういった演出に乗ってくれる演者として非常に優秀な友達です。だから助かっています。

――犬飼さん自身は、YouTube以外で映像作品を撮りたい、みたいな気持ちはあるんですか?

犬飼:今のところは与えられていることだけで精一杯なので、もうちょっと自分が頑張っていくうちに色々慣れて見えてくるものがあって、その先に映像を撮りたいというのがあれば撮るだろうし、なければ撮らないだろうし。まだ判別はついていないですね。

――今は、実験的じゃないですけど、楽しいからやっている、みたいなところなんでしょうか。

犬飼:楽しいからもあるし、いろんな人がいろんなことに気づいてくれると嬉しいなというか。「すっごい汚いものの中に、実は美しさってあるよね」とか。そういった些細なこととかに気づいてくれる人がいれば面白いな、みたいな感じでやっています。

――そういったメッセージが実は込められているんですね。

犬飼:実は、そんなものが散りばめられているかもしれないし、散りばめられていないかもしれないし、感じ方は人それぞれかな、と思いながら、全部見る人に委ねるスタンスです。

――では、ドラマ後半に向けての展開や見どころを教えてください。

犬飼:愛情と憎悪の中で揺れ動く暢が、最後どう自分の中で折り合いをつけるのか、というところが話の本筋になってきます。皆さんが溜まりに溜まったフラストレーションを解放できるところがもしかしたらあるかもしれないし、ないかもしれないし……、というハラハラ感を毎話追うごとに膨らましていってくれたらいいかなと思います。

やっぱり藍子さんがブレないので、一番期待に応えてくれるキャラクターになっています。後半はもはやギャグに見えてきてしまうかもしれないので、話数が進むにつれ楽しんで観れるんじゃないかなと感じています。藍子さんが僕を振り回すという構図が「トムとジェリー」みたいな感じに見えてくるんじゃないかなと(笑)。

――クライマックスに向け、楽しみにしている方にメッセージをお願いします。

犬飼:放送時期が夏ということで、熱い日々が続いていると思うんですけど、ちょっとヒヤッとするような、ドラマタイトルにもブルーが入っているように涼しさを感じられる作品になっていると思うので、一緒にゾクッとしていただいて、夏を涼しく乗り切って行ければいいなと思います。ゾクッと涼しくなる展開の中で、どんどん物語は終わりに向かって進んでいっているので、ドラマの中の熱量はすごく上がっていくと思います。そこにみんなで一緒に共感したり、腹が立ったりしてもらって、一緒にひと夏の想い出に『サレタガワのブルー』がなればいいなと思いますし、素敵なおうち時間にぜひ観てほしいです。

――ありがとうございました!

[撮影:周二郎]

ドラマイズム「サレタガワのブルー」放送中
TBS:毎週火曜深夜1:28~、MBS:毎週火曜深夜0:59~ ほか
【あらすじ】
主人公・田川暢(たがわのぶる)はイケメン、デザイナーで高収入、愛妻家の誰もが羨むイイ夫。大好きな妻・藍子(あいこ)に尽くし、家事に仕事に努力を惜しまない。藍子も家事一切を仕切ってくれる暢に優しく、ラブラブな2人。
一見幸せそうな夫婦生活を送っていた暢だが、ある事実を目の当たりにする。
彼が見たのは職場の上司との不倫を全力で楽しんでいる藍子の姿だった…。
「まさか藍子が・・・そんなはずはない・・・」
優しく可愛らしい藍子が自分を裏切るはずがない。だがそんな願いは届かなかった・・・修羅場を迎え、自分の欲望に忠実に生きる藍子に、復讐を決意する暢。
「いい女はね、自分の望みは確実に全部叶えるの」
暢に、史上最凶の不倫妻を裁くことはできるのか!?

公式サイト:https://www.mbs.jp/saretagawa-blue/[リンク]

関連記事:
人気不倫マンガ『サレタガワのブルー』犬飼貴丈×堀未央奈で実写ドラマ7月放送決定!「毎週ハラハラドキドキしながら見ていただけたら」
https://otajo.jp/99938

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧