堀江貴文さん「舛添要一氏のパラリンピック中止論はうんこ意見」 反響を呼んだツイートについて動画で語る

access_time create folder政治・経済・社会

7月28日、前東京都知事の舛添要一さんがTwitterにて

五輪開催前から議論していたことが、コロナ感染が爆発的に拡大し首都圏の感染者が1万人を超え、医療崩壊が起こると、パラリンピック中止という可能性も出てくる。デルタ株は厄介である。選手や国民の命を優先すべきだからである。その可能性も念頭に置いて、政治指導者はしっかりと対応すべきである。

とツイートを行った。賛否さまざまな意見が寄せられる中、実業家のホリエモンこと堀江貴文さんは同ツイートを引用し

またうんこ意見が出てきた。

と、なんとも辛辣なツイートを行い反響を呼んでいた。

参考記事:
堀江貴文さん「またうんこ意見が出てきた」 舛添要一さんの「パラリンピック中止という可能性も出てくる」とのツイートに辛辣なコメント
https://getnews.jp/archives/3066741[リンク]

7月30日、堀江さんは自身のYouTubeチャンネルに


舛添要一氏のパラリンピック中止論はうんこ意見
https://www.youtube.com/watch?v=UpRUZ0fSP48[リンク]

という動画を投稿した。
先述の「うんこ意見」というツイートに触れ、「パラリンピックを中止にしてもなんの意味もない」とバッサリ。オリンピックやパラリンピック、新型コロナウイルスをとりまく現状等について語っていた。
動画もやはり反響を呼び、翌31日の時点で10万回以上視聴され、コメント欄にはさまざまな意見が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

access_time create folder政治・経済・社会

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧