呪われた五輪にトドメ・・・芸能人も参戦 小山田圭吾の「イジメ武勇伝」がますます大炎上

access_time create folderエンタメ

呪われた五輪にトドメ・・・芸能人も参戦 小山田圭吾の「イジメ武勇伝」がますます大炎上

 4日後に迫った東京五輪開会式の楽曲政策を担当する「コーネリアス」小山田圭吾(52)への批判が収まらない。大会組織委員会が起用を発表後、小山田が障害者に対する壮絶なイジメを武勇伝のように語っていた過去のインタビュー記事がネット上で急拡大。小山田は謝罪し、組織委も慰留。幕引きを急いでいるが、トラブル続きの東京五輪のトドメになるのか。

小山田がイジメについて言及したのは、「ロッキング・オン・ジャパン」(1994年1月号)と「クイック・ジャパン」(1995年8月号)。SNS上であっという間に拡散し、いまなお大炎上中だ。小山田は16日にツイッターにアップした文書で、「非難されることは当然であると真撃に受け止めております」とツイートして事実を認め、謝罪。その一方、「非常に未熟な人間であった」「発売前の原稿確認ができなかったこともあり、事実と異なる内容も多く記載されております」などと釈明し、「連絡を取れる手段を探し、受け入れてもらえるのであれば、直接謝罪したい」としたが、本気度は疑わしい。

17日の組織委の会見で、武藤敏郎事務総長が「彼(小山田)は今、現時点において十分に謝罪をして反省をして、倫理観を持って行動したいと言っている」と擁護したのも火に油だった。

ソニーは公式サイトに掲載していたウォークマンに関する小山田のインタビューを削除。小山田の問題発言を掲載した「ロッキン・オン・ジャパン」の山崎洋一郎編集長は18日、同誌の公式サイトで謝罪に追い込まれた。「その時のインタビュアーは私であり編集長も担当しておりました。そこでのインタビュアーとしての姿勢、それを掲載した編集長としての判断、その全ては、いじめという問題に対しての倫理観や真摯さに欠ける間違った行為であると思います」との声明を発表した。

・今すぐ読みたい→
芸歴40年の山田邦子が「芸能界の闇」について語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/darkness-of-the-show-business/

 芸能界からも非難ゴウゴウだ。18日放送のTBS系「サンデージャポン」で、メイプル超合金のカズレーザー(37)は「マイナスの埋め合わせ作業をしてなかったということなんで、これは批判されて当たり前。自業自得なんです」「これは過去が叩かれてるわけじゃない」などとバッサリ。TBS系「アッコにおまかせ!」に出演した美容家のIKKOは、小山田が直接謝罪に言及したことについて「昔のことを思い出してしまうから、そういうことしてほしくないですね、私だったら」と嫌悪感をあらわにした。

ツイッター上には「人間のクズ過ぎる」「イジメに時効はねえんだよ」「掘られてさらされるのは当然」――などと厳しい書き込みが止まず、「#小山田圭吾の辞職を求めます」とのハッシュタグも拡散している。海外の主要メディアも相次いで小山田問題を報道。ゴメンでは済まされそうにない。

・今すぐ読みたい→
芸歴40年の山田邦子が「芸能界の闇」について語る ​https://cocokara-next.com/athlete_celeb/darkness-of-the-show-business/


関連記事リンク(外部サイト)

芸歴40年の山田邦子が「芸能界の闇」について語る
山田邦子が芸歴40年の中で凄いと思った後輩芸能人、「 木村拓哉は若いころ・・・」
山田邦子が選ぶ「怖い芸能人ランキング」目があったら終わりの芸能人とは?

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧