『キネマの神様』永野芽郁が思いをはせる 明るくハツラツな“ゴウ”と生真面目な“テラシン”の正反対な魅力

access_time create folder映画

1920年から、日本映画史を飾る傑作、ヒット作の製作、配給、興行を続けてきた松竹映画は昨年2020年に100周年を迎えました。そんな松竹映画100周年を記念した作品となる『キネマの神様』が8月6日より公開となります。

日本映画界を代表する山田洋次監督のもと豪華キャストが集結。撮影の中断など幾多の困難を乗り越えた奇跡の作品として完成した本作。菅田将暉が若き日の主人公・ゴウを、永野芽郁がヒロイン淑子を、野田洋次郎がゴウの盟友・テラシンを演じ、1950~60年代の映画撮影所を舞台に淡い恋模様が描かれています。

ゴウとテラシンは“夢”を追いかけて、お互いの“夢”を認め合う盟友の関係にあるが、ゴウは明るくハツラツであるのに対し、テラシンは奥
手で生真面目と性格は正反対。そんな2人から想いを寄せられる淑子を演じた永野自身がどちらかを選ぶのは「難しい」としながらも、「付き合うならゴウちゃん、結婚するならテラシンですね」と回答!ゴウとテラシン、正反対ながらも魅力あふれる二人のキャラクターに注目です。

本作は映画を愛し、“映画の神様”を信じ続けたゴウのもとに訪れた“奇跡”と家族の再生を描いた物語。若き日のゴウは映画監督になる夢を追いかけて、撮影所で助監督として働く、誰よりも映画への情熱を持った、明るくハツラツな青年。対するテラシンは、名画座の館主になる夢を描きながら、ゴウも「誰よりも映画に詳しい」と認める、映画を愛し、映写技師として働く、好きな女性にはとことん奥手になってしまう生真面目な青年。

そんな2人から想いを寄せられ、2人を一番近くで見守る食堂の看板娘・淑子を演じた永野は「ゴウちゃんは、一つのことを決めたらそこ
に向かう情熱にはきっと感化されるだろうし、テラシンの落ち着いて、一歩引いて、でも好きなことは淡々と突き進む静かな情熱も好きです。」
と二人の魅力を明かしつつ、ゴウと夫婦として約50年連れ添い続けた物語について、「もちろんゴウちゃんと結婚しても幸せな部分はたくさんあるんだと思います。現代ではダメなゴウちゃんになっちゃっているけど、それも夫婦の形だなと思える部分がありました」と語り、まっすぐに夢を追いかけた若き日々から、夢に挫折し夢を諦めたゴウへ寄り添い続けた淑子のひたむきな愛へ思いをはせます。

永野を魅了した夫婦の愛の形は、ゴウと淑子のもとにどんな“奇跡”を起こすのか?夢と愛の行方をぜひ劇場で。

(C)2021「キネマの神様」製作委員会

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧