「YouTube ショート」のベータ版がリリース さっそく投稿してみた

access_time create folderデジタル・IT

YouTubeはショート動画の撮影・編集・投稿ができる新機能「YouTube ショート(ベータ版)」を7月13日にリリース。順次提供を開始しています。2020年9月にインドで初めて公開した同機能は、同日から日本を含む世界100か国以上で利用可能になるとのこと。さっそくショート動画を投稿してみました。

これまでYouTube ショートは1分以内の縦動画に、タイトルや概要で「#Shorts」のハッシュタグを付けることで投稿でき、YouTubeのスマートフォンアプリで視聴可能でしたが、今回のリリースによりYouTubeアプリからショート動画を撮影・編集・投稿が可能になりました。

既に撮影済みの縦動画を投稿してみました。YouTubeアプリ上で「+」ボタンをタップすると、YouTube ショートを利用可能なアカウントでは作成メニューに「ショート動画を作成」のメニューが追加されています。

タップすると、ショート動画撮影に特化したカメラが起動します。インカメラとメインカメラを切り替えたり、撮影速度を0.3倍/0.5倍/1倍/2倍/3倍から選択できる他、サウンドの追加やタイマーの設定が可能。撮影時間は15秒か60秒を選択できます。

今回はライブラリから撮影済みの動画を選択。開始場所と終了場所を指定して次へ。

編集画面には「サウンド」「テキスト」「タイミング」「フィルタ」のメニューが用意されています。楽曲のライブラリからサウンドを選んだり、サウンドの再生開始位置が調整できる他、テキストを追加して表示のタイミングを調整可能。動画のカラーを修正する20種類のフィルターが用意されていて、今後より多くのエフェクトが追加される予定とのこと。複数の動画をつなぎ合わせる編集機能も提供予定としています。

編集した動画は通常の動画と同様に、限定公開やタイマー設定をして公開できます。公開したショート動画がこちら。

ちっちゃいUSB充電器! Anker Nano II 30W(YouTube)
https://youtu.be/-ZTUG0UZkz4

説明欄には特定のチャンネルへのメンションを@で追加できるので、チャンネル間でリレーして投稿するような使い方ができそうです。

さらに今後提供する新機能として、YouTube全体の動画から音声をサンプリングして使用する機能の提供が予定されているそうで、クリエーター間のコラボレーションを促進する仕組みとして注目できます。

ショート動画はホーム画面「YouTube ショート」のセクションから視聴できる他、今後モバイル上で簡単に視聴できるように「ショート」タブを追加する予定と発表されています。

いよいよ日本で YouTube ショートが始まります(日本版YouTube公式ブログ)
https://youtube-jp.googleblog.com/2021/07/youtubeshorts.html

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧