広告祭「カンヌライオンズ」で入賞! AIと人間の共創を追求するPJT「Dear Glenn」

access_time create folderデジタル・IT

「AIは、どこまで人の心を動かせるのだろう」という問いかけをテーマに掲げたヤマハ株式会社のプロジェクト「Dear Glenn」。そのプロジェクト名は、新しいテクノロジーに可能性を見出した伝説的なピアニストと言われるグレン・グールドに敬意を評し、その名を冠したといいます。

そんな「Dear Glenn」が、2021年6月21日~25日にオンライン開催された世界最大規模の広告・クリエイティビティの祭典「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」において、「エンターテインメントライオンズ・フォー・ミュージック」部門の「シルバー」を受賞しました。

独奏も合奏もグレン・グールドのように

このたび公開したのは、グレン・グールドらしい音楽表現で任意の楽曲のピアノ演奏ができるというAIシステム。AIが生成したグレン・グールドらしい演奏データを、瞬時に自動演奏機能付きピアノに指示するという仕組みです。

大きな特徴は、深層学習によってAIに「グレン・グールドらしい音楽表現」を学習させ、未演奏曲であっても楽譜のデータさえあればすぐに演奏できるということでしょう。

その「らしさ」を学ぶため、グレン・グールド・ファウンデーション全面協力のもと100時間を超えるグレン・グールドの演奏音源を解析すると共に、彼の演奏方法を熟知した複数のピアニストたちの演奏による「ヒューマン・インプット」も施しました。

また、人間と協調して合奏することができるのも特徴のひとつ。共演者である人間の演奏を瞬時に解析し先読みしながら、グレン・グールドらしい表現で息の合った合奏を披露します。

ちなみに、このシステムの初公開は、2019年9月7日にオーストリア・リンツ市で開催されたメディアアートの祭典「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」です。

総エントリー数29,074点

このAIシステムが、世界最大規模の広告祭「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」において、「エンターテインメントライオンズ・フォー・ミュージック」部門の「シルバー」を受賞しました。

今回の「カンヌライオンズ」は、新型コロナウイルスの影響で中止となった2020年度のエントリーも審査の対象とし、2年度分のエントリーから受賞者を決定。全28部門に90の国と地域から29,074点のエントリーが集まり、「エンターテインメントライオンズ・フォー・ミュージック」部門においては407点の中から18の受賞作品が選出されました。

ヤマハは、2019年のNHKスペシャル『AIでよみがえる美空ひばり』の制作に歌声合成技術「VOCALOID:AI」を提供したり、株式会社博報堂アイ・スタジオと共に「人工知能合奏技術」を搭載した「Duet with YOO」を米国で開催された「SXSW 2018」に出展したりと、AIを活用した音楽表現の拡張に取り組んでいます。

PR TIMES

(文・Higuchi)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧