「持続可能な議員報酬」との声も!? 無免許運転の木下ふみこ都議、都ファを除名処分で新会派「SDGs東京」を立ち上げる

access_time create folder政治・経済・社会

7月2日に無免許運転で事故を起こしながらもそれを明かさず、4日に行われた東京都議会議員選挙で当選した都民ファーストの会(都ファ)の木下ふみこ都議。


5日の昼すぎに無免許運転での事故が報じられ、都ファからは除名処分が下る。「辞職するべき」との意見がネット上では圧倒的であるが木下都議は辞職を否定し、現在かなりの炎上状態となっている。

都ファから除名処分となった木下都議、6日に「SDGs東京」を立ち上げたと報じられた。


ここ最近、よく耳にするようになった「SDGs」、いわゆる「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」。
ネット上では木下都議のメンタルの強靭さに驚きの声があがるとともに、
「SDGsという単語を使わないで欲しい」
といったような声や、
「持続可能な議員報酬」
「持続可能な都議の椅子」
「持続可能な無免許運転」
などといった、さながら大喜利のような声が散見されていた次第である。

※画像は『Twitter』より

access_time create folder政治・経済・社会

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧