ご当地スーパーでローカルなお土産探し! 【福岡編】

access_time create folderエンタメ
旅行でお土産を買うなら、駅や空港などのお土産店で・・・という人は多いはず。しかし、お土産店は価格がやや高め。地元の人に親しまれているスーパーマーケットなら、いわゆる“観光地プライス“の心配もないし、なにより価格は安いし、コンビニよりも品数は多い。長年、国内外のスーパーでお土産を調達してきた筆者の経験から、それは万国共通だ。

今回は【福岡編】を紹介する。

DSC_8115 - コピー

まず、福岡ならでは、で手に入れたいのが「麺類」「めんたいこ」「八女茶」などだ。

■麺類・・・長浜ラーメン、長崎ちゃんぽん、長崎皿うどんなど。常温保存できる「乾麺」がおすすめ。「味のマルタイ」は福岡が本社
■明太子・・・要冷蔵がほとんど(保冷バッグ必須) 
■八女茶・・・特に「新茶」がおすすめ。スーパーがダントツ安い。
■出汁(だし)・・・高級出汁で人気の「茅乃舎」の「久原本家」がスーパーでも入手可。粉末タイプが持ち帰りやすい

福岡は、九州の中心地でもあり、長崎や熊本といった地域の商品も手に入りやすい。長崎といえば、ちゃんぽんや皿うどん。常温で粉末タイプのスープは賞味期限も長くて持ち帰りやすい。乾麺以外でも、常温保存の商品もある。

DSC_8115

明太子も、土産店で買うより、スーパーが断然安い。ただ、スーパーだと保冷剤が付かないので、保冷バッグ持参が必須。しかも、保冷剤がないと冬場はまだしも夏場は厳しい。おすすめは粉末タイプで、これは製造元が福岡であるかを買う前にチェックしたい。

八女茶は、スーパーは高額商品も安価な家庭用も売っている。進物用の箱入りなどにこだわらなければ、ここで十分。

1

あと、意外なおすすめなのが「フランスア」のパン。

フランスアは、福岡が製造元のパンメーカー。基本、福岡以南でしか販売していない。九州なら、どのスーパーにも置いてあるといっても過言ではないほど、よく普及しているパンだが、東京や大阪などでは一切見かけない。

IMG_8168

一押しは「お米のブール」で、シンプルな味わいはスーパーで売っているパンとは思えないほどレベルが高い。毎回まとめ買いし、帰宅してすぐに冷凍する。

他のパンもいくつか食べたが、お米のブールにはかなわない。なぜかこのパンがダントツでおいしい。

DSC_8114

福岡にも、イオンなどは多いが、地元に密着したスーパーも多くある。空港周辺の徒歩圏内にはないものの、博多駅構内にもあるし、地下鉄などの駅近くにあるスーパーもある。レンタカーなら郊外だとたいてい駐車場無料で行きやすいし、ホテルの近くにあればなお便利だ。

保冷バッグは、スーツケースに1個は常備している。いざ、スーパーなどで買うとけっこう高い。もし忘れたら、ダイソーなど100均で調達しよう。

Photo May 27, 15 39 20

【福岡にある主なご当地スーパー】

■サニー(西友グループ) https://www.seiyu.co.jp/
■マルキョウ http://www.marukyo-web.co.jp/
■にしてつストア https://nishitetsu-store.jp/
■ボンラパス https://www.bonrepas.jp/
■ハローデイ http://www.halloday.co.jp/
■サンリブ https://www.sunlive.co.jp/

(Written by トラコ)

 

 

【Nicheee!編集部のイチオシ】

ご当地スーパーでローカルなお土産探し! 【愛媛編】
【絶品爆旨】愛媛で長年定番土産”母恵夢”だけどポエムじゃない!? 「生母恵夢」食べてみた!!
岩手・盛岡の地元パン「福田パン」食べた! ボリューム満点過ぎ!

 

ご当地スーパーでローカルなお土産探し! 【福岡編】
access_time create folderエンタメ
local_offer

Nicheee!(ニッチー!)

テレビ番組のリサーチャーによる情報サイト。 テレビ番組におけるネタ探しのプロが蓄積された知識とリサーチノウハウを武器に、芸能、雑学、海外、国内ご当地、動物など多岐に渡るジャンルをテレビ番組リサーチャー目線で発信しています。

ウェブサイト: http://www.nicheee.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧