候補はエマ・ストーンただ一人! 『クルエラ』主演決定の舞台裏とは「このキャラクターは楽しくて人をとても夢中にさせる存在」

access_time create folder映画

美女と野獣」のディズニーが、「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞を受賞したエマ・ストーンを主演に贈る実写映画最新作。名作アニメーション「101 匹わんちゃん」に登場するディズニー史上最も悪名高き “ヴィラン”<悪役>であり、映画史上最もアイコニックな白黒ファッションでも有名な“クルエラ”の誕生秘話が、過激かつスタイリッシュに明かされる。

5/27(木)より映画館&5/28(金)ディズニープラス プレミア アクセス公開となった本作。主人公は、創意に富んだ少女エステラ。ファッション・デザイナーとして業界で名を馳せようと日々前を向いて生きるエステラだが、ある出来事をキッカケに、目的のためには手段を選ばない“ディズニー史上最も悪名高きヴィラン”クルエラへ変貌を遂げる――。彼女の人生を大きく変えた出来事とは、一体何だったのか。

<夢を持った少女・エステラ>と<人々の心を震撼させるヴィラン・クルエラ>という2面性のある主人公を見事に演じきったのは、「ラ・ラ・ランド」で知られるエマ・ストーン。既に公開されている映像でも、彼女の変貌ぶりが大きな話題を集めていますが、実はこのキャラクターを演じる人物としてスタジオが選んだ“最初にして唯一の候補者”がエマ・ストーンだったそう。エマ・ストーンは、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で初めてアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、その後、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞。人々を魅了する美しいルックスに加え、抜群の演技力が支持され、世界中にファンを抱える実力派俳優です。

エマ・ストーンは、本作のオファー時の状況について、「彼ら(製作を務めたアンドリュー・ガンやマーク・プラットとクリスティン・バーたち)とディズニーでミーティングしたわ。彼らはクルエラ・ド・ビルのオリジン・ストーリーのアイデアを色々と模索しているところで、私に興味があるかどうか知りたい、ということだったの。」と振り返ります。

さらに、「彼らにはまだ、見い出さなければならないことがたくさんあったし、彼女のストーリーが成立するのかどうか見極める必要もあったわ。だけどこのキャラクターはとても楽しくて人をとても夢中にさせる存在だから、彼らはそんな彼女のストーリーがどんなものになり得るのかを探ることに興味を持っていたのね。」と続け、難しい役どころだけに、製作陣たちもキャラクター像やストーリー構築に苦戦していたが、それらを作り上げる過程にも魅力を感じ、本オファーを受諾したのだと明かしています。

製作陣・キャストが一丸となり、難易度の高いお題に立ち向かったことで、魅力溢れるヴィラン・クルエラが誕生した。創意に富んだ少女エステラが、どのような経緯でヴィラン・クルエラに変わっていくのか――。エマ・ストーンが彼女にどのように憑依するのかにも要注目!

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧