165Hzディスプレイ&2万回転ターボファン搭載のゲーミングスマホ「RedMagic 6」レビュー

access_time create folderデジタル・IT

4月22日に発売されたNubia Technologyのゲーミングスマートフォン新製品「RedMagic 6」のレビューをお届けします。2020年に発売された前モデル「RedMagic 5」と比較して、ディスプレイのリフレッシュレートが144Hzから165Hzに、冷却機構のターボファンが1万5000回転から2万回転にパワーアップしているのが特徴です。

CPUは最大2.84GHzのクロック数で動作するQualcomm Snapdragon 888 5Gを搭載。GPUにAdreno 660を採用し、レンダリング性能を35%向上しています。12GB RAMと128GBストレージを搭載し、16GB RAMと256GBストレージを搭載する「RedMagic 6 Pro」もラインアップします。バッテリー容量は5050mAh。

6.8インチ、解像度2400×1080ピクセルのアクティブマトリクス式有機ELディスプレイに、スキャンレート500Hzのタッチセンサーを搭載。インカメラは800万画素で顔認証に対応する他、指紋認証センサーも画面に搭載します。

リフレッシュレートは最大165Hz。ユーザーの利用状況に応じて30Hz、60Hz、90Hz、120Hz、165Hzから最適なリフレッシュレートを自動で選択する機能を搭載し、快適なビジュアル環境とバッテリー消費の最適化を実現しています。

ガラス製の背面には、6400万画素広角、800万画素超広角、200万画素マクロから構成するトリプルカメラを搭載。

左側面には、ゲーム関連の設定やランチャーとして機能する「ゲームスペース」を起動する赤いスライドスイッチ、音量ボタンを搭載します。

右側面には電源ボタンと、両手で横持ちにした際にトリガー操作に使える静電容量式のトリガーボタンを搭載。400Hzのタッチサンプリングレートで遅延なく操作ができます。

画面下部にはUSB Type-CインタフェースとSIMトレー、画面上部には3.5mmイヤホンジャックを搭載します。USB-C端子は付属の30W充電器で急速充電が可能な他、別売りの充電器で66Wの急速充電に対応します。USB-CポートはDP ALT(Display Port Alternate mode)による外部ディスプレイへの画面出力にも対応。

ターボファンによる左側面の吸気口から右側面の排気口への空冷、冷却液やグリスによる冷却の組み合わせで、CPUコア温度は16℃低下する効果が得られるとのこと。

左側面のスライドスイッチをONにしてゲームスペースを起動すると、リフレッシュレートの切り替えやターボファンのON/OFFといったパフォーマンスの設定がゲーム単位で設定できる他、エイムアシスト、fps表示などゲームプレイに役立つ各種機能を利用できます。

トリガーボタンは設定画面に表示された「L」「R」のマーカーをゲーム画面のバーチャルパッド上にドラッグして簡単に設定可能。バトルロイヤル系ゲームなら照準をLボタン、トリガーをRボタンに割り当てると、ゲームコントローラーと同じ快適さでプレイできます。「PUBG Mobile」「荒野行動」のようなバトルロイヤル系ゲームのプレイ感は快適そのもので、エイムの正確さはゲーム機やパソコンでのプレイを上回る実感があります。

「Real Racing 3」「Dead Trigger 2」といったタイトルが165Hzのリフレッシュレートに対応。滑らかに動作する美しい画面でプレイを楽しめます。

ゲームモードに切り替え、165Hzのリフレッシュレートでベンチマークを実施してみました。結果は「3D Mark」の「Wild Fire」で5763、「Geekbench 5」のシングルコアのスコアが1099、マルチコアのスコアが3648。いずれも「Galaxy S21 Ultra 5G」を超える結果を記録しています。

RedMagic 6は日本語公式サイトで899米ドル(税込)で販売中。本体カラーがMoon SilverのRedMagic 6 Proは999米ドル(税込)で販売します。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧