ASUSがパワーアップしたゲーミングスマホ「ROG Phone 5」を発表 5月28日以降発売へ

access_time create folderデジタル・IT

ASUS JAPANは、ゲーミングスマートフォンの新製品「ROG Phone 5」を5月28日以降に発売することを発表しました。2020年9月に発売した「ROG Phone 3」の後継モデルとなる製品で、リフレッシュレート144Hzの6.78型フルHD+ディスプレイ、CPUに動作周波数2.84GHz、オクタコアのSnapdragon 888 5Gを搭載し、ストレージ容量は256GB。メモリー容量16GBモデルと12GBモデルをラインアップし、5月28日発売の16GBモデルは希望小売価格11万4800円(税込)、6月4日発売予定の12GBモデルは9万9800円(税込)。本体カラーはファントムブラックとストームホワイトをラインアップしています。発表に合わせて、ファントムブラックの16GBモデルをお借りして触ってみました。

ガラスの背面には発光パターンをカスタマイズできるASUSのゲーミングブランド「ROG(Republic of Gamers)」ロゴを配置。カメラとロゴを視認できる専用カバーが付属します。

リフレッシュレートが最大144Hzのディスプレイは6.78型フルHD+(2448×1080ドット)と、前モデルと比べて大型化。タッチサンプリングレートは270Hzから300Hz、タッチ入力遅延は25msから24.3msと高速化しています。指紋認証センサーも画面に搭載。

3眼カメラは6400万画素広角、1300万画素超広角、500万画素マクロカメラの構成。インカメラは2400万カメラを搭載します。

サウンドの迫力も大きな特徴。12×16mmのフロントスピーカーを2基搭載し、横持ちにしてゲームをプレイする際に最適な音響を楽しめます。

両手で横持ちにした際に使えるタッチセンサーのボタンは「AirTrigger 5」に進化。トリガー操作に使える他、スワイプ、スライド、ボタンを2分割した操作など幅広い操作をアサインすることができます。タッチセンサーに加えて、本体を傾ける、振るなどのモーション操作をアサインすることも可能になりました。

インタフェースは本体下部にUSB2.0 Type-Cポート、左側面にUSB3.1 Type-Cポートを搭載。ちょっと分かりづらいですが、左側面のUSB-CポートのみDP ALT(Display Port Alternate mode)による外部ディスプレイへの画面出力に対応します。

65W出力のUSB充電器が付属。6000mAhの大容量バッテリーを52分でフルに充電できます。

同梱の外付け冷却ファンは「AeroActive Cooler 5」に進化。専用端子を搭載するので、左側面のUSB-Cポートを占有せずにファンが使用できます。CPUを中央に配置する構造によりファンで直接CPUを冷却できるようになり、CPU温度を最大10℃、表面温度を最大15℃低下する冷却性能を実現しています。

背面側にキックスタンドを搭載し、動画視聴や待ち時間などにテーブルの上に置いて使用可能。さらに背面側には2つの物理ボタンを新たに搭載し、AirTrigger 5でボタン操作をアサインすることができます。

ROGブランドのゲーミングPCでおなじみの「Armoury Crate」アプリを使用して、パフォーマンスやゲームに関する設定が可能。CPUとGPUのパフォーマンスを引き出す“X MODE”は、AeroActive Cooler 5を取り付けた状態で最高レベルの“X MODE+”に設定できます。パフォーマンスチューニングはゲーム単位で設定することも可能。

AeroActive Cooler 5を装着し、X MODE+のモードでベンチマークを実施してみました。結果は「3D Mark」の「Wild Life」で5829、「Geekbench 5」のシングルコアのスコアが1128、マルチコアのスコアが3655。いずれも「Galaxy S21 Ultra 5G」を超える結果を記録しています。

「特集」タブでは、144Hz対応ゲームやゲームパッド、AirTrigger対応のゲームを一覧で表示。ROG Phone 5に最適化されたゲームを選んでインストールすることができます。

ゲームのプレイ中は画面左端から右にスワイプして設定アプリ「Game GENIE」を起動可能。フレームレートやCPUクロックなどステータスを確認できるほか、照準のクロスヘアをカスタマイズしたり、AirTriggerに割り当てる操作ボタンをアサインすることができます。「荒野行動」「PUBG Mobile」のようなバトルロイヤル系ゲームなら照準をLボタン、トリガーをRボタンに割り当てると、ゲームコントローラーと同じ快適さでプレイ可能に。新規に追加した「スカウトモード」では画面の色を反転させ、フィールドから敵を見つけやすくすることができます。

ROG Phone専用のゲームコントローラー「ROG Kunai 3 Gamepad」にも対応。Bluetoothでペアリングしてワイヤレスコントローラーとして使える他、ROG Phone本体にカバーを取り付けることで画面の左右に装着でき、携帯ゲーム機のように遊ぶことができます。ROG Kunai 3 Gamepadは、記事執筆時点でASUSストアでは1万2078円(税込)で販売されています。

RAM容量18GBの「ROG Phone 5 Ultimate」も夏季発売予定。ROG Phone 5のAntutuベンチマークスコアが817946であったのに対して、Ultimateでは830947のスコアを記録しているとのこと。本体カラーはストームホワイトのみで、希望小売価格は14万9800円(税込)。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧