AIで映像を最適化! Anker初のWebカメラ「Anker PowerConf C300」

access_time create folderデジタル・IT

これまで、ワイヤレスイヤホンなどのオーディオ機器やスマートプロジェクター「Nebula」シリーズなどを展開してきたAnkerグループから初となるWebカメラ「Anker PowerConf C300」が登場。アンカー・ジャパン株式会社が、2021年5月13日より販売を開始しています。

同製品は、フルHDの高画質映像とAIによる映像最適化機能などにより、リモートワークやオンライン授業などを快適にサポート。また、映像の鮮明さやバーチャル背景機能などとの高い適合性からZoom Personal Workspace認証を取得しています。

クリアな映像と音を届ける

「Anker PowerConf C300」は、フルHDの高画質に加えHDRに対応しているため、逆光や暗い環境でもクリアな映像をスムーズに届けることが可能。最大115°の広角レンズを搭載し、複数人での会議などにも最適なようです。

また、優れた音声処理機能も魅力のひとつ。環境雑音を軽減する「ノイズリダクション機能」と音声の入力ボリュームを自動で調整する「オートゲインコントロール機能」が、クリアで均一な音声を届けます。

なお、カメラ不使用時の不要な映り込みを防ぐプライバシーシールドが同梱されているので、カメラを使用しないときにレンズの上にスライドさせておくといいでしょう。

AI機能も搭載

同製品のAI機能にも注目です。そのひとつが、約0.35秒で被写体に自動でピントを合わせる「オートフォーカス機能」。この機能は人物だけでなくモノにも適用されるため、オンライン商談や会議中の製品紹介などにも便利そうです。

その他、PCに「Anker Work ソフトウェア」をダウンロードすることで使えるAI機能を実装。AIが被写体の動きを追って水平・垂直に映像を調整する「モーショントラッキング(自動追尾機能)」や、被写体の人数を自動で検知して全員が映り込むよう画角調整する「オートフレーム(自動画角調整機能)」など環境に合った細かい設定ができるといいます。

同製品は、Anker Japan公式サイト、Amazon、楽天市場、一部家電量販店などで価格9,990円(税込)で販売中です。

PR TIMES

(文・Higuchi)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧