ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『週刊ファミ通』の森下万理子は存在しない?

『週刊ファミ通』といえば日本最大のテレビゲーム情報誌で、誌面に編集者が登場するという特徴が強く出ている雑誌でもある。ブンブン丸や新宿ジャッキー(うすば羽田)、チャンコ増田など、ヒーロー的な存在(?)となった編集者も少なくない。

そんな『週刊ファミ通』だが、創刊した当時からヒロイン的存在として登場した編集者・森下万理子をご存知だろうか? ゲームといえば“男が遊ぶもの”というイメージが強かった当時、清楚な語り口調の森下万理子は、読者のハートをわしづかみ。いつもイラストでしか誌面に登場しなかったにもかかわらず、絶大なる人気を誇った。

しかし、その森下万理子は架空の人物であり、実際は存在しないという噂がある。その実態を元ゲーム雑誌編集者のM氏(37)歳にうかがったところ、「森下万理子は存在しませんよ。多くの編集者が森下万理子の名でレビューを書いたり、新作ゲームの情報を書いたりしていました。やっぱりほら、女性といいますか、男臭いゲーム雑誌にも花があったほうがいいでしょう?」と、森下万理子が架空の人物であることを認めた(『週刊ファミ通』が認めたわけではないが)。

なんだか悲しい事実ではあるが、これでイラストでしか登場していなかった理由がハッキリした。もしかすると、今もいろんな雑誌で森下万理子的な存在のライターや編集者がいるかもしれない。いつも楽しみにしている連載のランターは、実は編集者の持ち回りで書かれていた……、なんて事実は悲しいですけどね。

‥‥きじが よんでほしそうに こちらをみている‥‥
ファミ通は総合誌を名乗るな!62号(2ちゃんねる)
ファミ通のクロスレビューで合計13点の歴史的快挙!(ブログ記事)
ファミ通のクロスレビューにありがちな文体10選!(ニュース記事)

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき