自分なりに居心地の良い環境で授業を受けるアメリカの小学生が話題 「すでに人生を楽しむことを知っている」「これで温かいココアがあれば完璧」

access_time create folder生活・趣味

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、しばらくオンライン授業が続いていたアメリカの学校ですが、ワクチン接種が本格化してから対面での授業が再開された学校も多くなっています。

そんな中、先生と生徒のマスク着用が条件で対面授業が再開されたオハイオ州の小学生が注目を集めています。


https://twitter.com/MariMilehamIHES/status/1392204821160157185

話題となったのは、パソコンで焚火の映像を流しながら授業を受けるこちらの小学生。「この児童は彼なりに居心地が良い環境を作りました」というツイートと共に写真を投稿したのは、オハイオ州の小学校で3年生を担当するマイルハム先生です。

Twitterにはコメントが数多く寄せられています。

・焚火を見ながら教科書を読むとか素晴らしいアイデアだ
・最高だね
・高校でこの子の担任になりたいわ
・落ち着ける場所は誰もが必要よ
・まさにASMR
・このアイデアは天才的
・こういう子どもは大好き
・波の音しかしないビーチの映像も落ち着くよね
・ボクも読書する時は焚火の映像流すよ
・これで温かいココアがあれば完璧
・この子と遊んだら楽しいだろうな
・マスクもちゃんとしてるしね
・この年齢ですでに人生を楽しむことを知っている

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/MariMilehamIHES/status/1392204821160157185

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧