Amazonがスマートディスプレイの新世代製品を発売 1300万画素カメラと自動フレーミング機能搭載の「Echo Show 8」と新色が加わった「Echo Show 5」

access_time create folderデジタル・IT

Amazonは5月12日、Alexa対応のスマートディスプレイ「Echo Show」シリーズの次世代製品「Echo Show 8(第2世代)」と「Echo Show 5(第2世代)」を発表しました。本日から予約受付を開始し、6月9日に出荷開始を予定しています。

新Echo Show 8は、8.0インチ(1280×800ドット)のタッチパネルディスプレイ、2.0インチ×2のスピーカーを搭載するスマートディスプレイ。カメラは100万画素から1300万画素に強化。ビデオ通話中に自分を相手の画面の中心に表示する、自動フレーミング機能を新たに搭載しています。Prime VideoやNetflix、ひかりTV、Paraviなどの対応サービスでドラマや映画を楽しんだり、Amazon MusicやApple Music、Spotifyで音楽を再生可能。本体カラーはチャコールとグレーシャーホワイトの2色。価格は1万4980円(税込)です。専用の角度調節スタンドも同2色展開で、価格は2490円(税込)。

新Echo Show 5は、5.5インチ(960×480ドット)のタッチパネルディスプレイ、1.6インチ×1のスピーカーを搭載するスマートディスプレイ。

カメラを100万画素から200万画素に強化し、本体カラーはチャコール、グレーシャーホワイトに加えて新色ディープシーブルーをラインアップ。Echo Showの上位モデルと同様に、外出先からスマートフォンのAlexaアプリで内蔵カメラにアクセスし、部屋の様子を確認する監視カメラ機能が利用可能になっています。価格は8980円(税込)。専用の角度調節スタンドも同3色展開で、価格は1980円(税込)です。

本体が左右に回転するモーション機能を搭載したEcho Show 10は、先行して4月14日に出荷を開始しています。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧