侍ジャパンの現在地―、果たして「あの選手」は選出されるのか?

access_time create folderエンタメ

侍ジャパンの現在地―、果たして「あの選手」は選出されるのか?

 コロナ禍により開催問題に揺れる東京五輪。一方で野球の日本代表・侍ジャパンのメンバー選出においても様々な「誤算」が生じている。

・今すぐ読みたい→
「佐藤輝明は助っ人」金村義明が巨人VS阪神の戦力を分析 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-vs-tigers/

 主力として期待される巨人・坂本は9日のヤクルト戦で右手親指を骨折。5回に一塁走者として相手捕手からのけん制に対し、帰塁する際に負傷し、復帰には1か月前後かかるとみられている。

 投手部門では巨人のエース・菅野が右ひじの違和感を訴え、8日に登録抹消となった。3月末に足の違和感で抹消されたのに続き、今季はシーズンの早い段階で2度の抹消となっている。オフにはポスティングシステムによりメジャー移籍を目指し渡米したものの、契約合意には至らなかった。当初から調整不足を心配する声もあったが、現実のものとなった。

 パ・リーグに目を転じても侍ジャパンのエースとして期待されたソフトバンク・千賀は4月6日に左足首じん帯を損傷し、夏季五輪は絶望。日本球界に復帰した楽天・田中将大はここまで4試合に先発し、2勝2敗ながら、8日の日本ハム戦では今季ワーストの8安打4失点で2敗目を喫しており、好不調の波が激しい。このままいくとオリックスの山本がエース候補となるが、いずれにせよ総力戦となる五輪では安定した力を持つ先発候補を何枚揃えられるかが勝負を分けるため、広島2年目の森下などにも熱視線が向けられている。

 また捕手部門では、西武・森が選出されるかにも注目が集まる。「打てる捕手」として知られる森に関しては2019年11月に行われた「第2回 WBSCプレミア12」を辞退した経緯がある。この大会では多くの代表候補が辞退したことでも話題を呼んだが、森は同じチームの山川と共にコンディション面を理由に早々と辞退を発表。その後、2人ともチームの秋季キャンプには参加したことで「休養を重視したのではなかったのか?」と野球ファンの間からも物議をかもしたのだ。

 そんな森はここまで(10日時点)2割6分4厘、4本塁打、11打点をマーク。「打てる捕手」として変わらず存在感を発揮しており、この点は国際試合を戦う上でもプラスになるとみられる。ほかにも巨人・大城、阪神・梅野、ソフトバンク・甲斐などが候補に挙がる中、侍ジャパンの稲葉監督は大事なチームの要となる正捕手に誰を選ぶのか。不透明な開催問題と共に、今後は侍ジャパンの選手選出をめぐっても水面下で様々な意見が取りざたされそうだ。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]


関連記事リンク(外部サイト)

「佐藤輝明は助っ人」金村義明が巨人VS阪神の戦力を分析
1億円プレイヤーの日本ハムファイターズ「大田泰示」!巨人が活かせなかった彼の素質とは?
「巨人はいいぞ。巨人に来いよ」、原監督のひと言が縁で巨人入りした前田幸長がFA秘話を告白

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧