ピーター・フランプトン最新シグネチャーモデルのレスポール・ギター、ギブソンより約100万円で発売

access_time create folderエンタメ
ピーター・フランプトン最新シグネチャーモデルのレスポール・ギター、ギブソンより約100万円で発売

 英国のギターレジェンド、ピーター・フランプトンの最新シグネチャー・モデルのギターとなるギブソン・カスタムショップ製『Peter Frampton “Phenix” Les Paul Custom VOS』がリリースされた。価格はおよそ100万円だ。

 ザ・ハードのリードシンガー兼ギタリストとして16歳でキャリアをスタートさせ、18歳の時にはハンブル・パイを共同結成したフランプトン。5枚目のソロアルバム『フランプトン・カムズ・アライヴ!』は全世界で1700万枚以上のセールスを記録し、2007年には『フィンガープリンツ』でグラミー賞「ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」を受賞、2014年にはミュージシャンの殿堂入りを果たした。

 20年以上にわたりギブソンとエピフォンのシグネチャー・アーティストとなっているピーター・フランプトンは、「私の最新シグネチャー・モデルのVOSバージョンが完成しました。最高の気分です!伝説となった私のLes Paul Custom Phenixのサウンド、ルックス、弾き心地の全てを完全に再現するためにギブソンは尽力してくれました。“これ以上はない”と言えるくらい満足しています。特筆すべきはネックのフィーリングと、ウエイトリリーフ・ボディによって実現した軽量さで、このモデルを手にした方は驚かれることでしょう。これは、まさしく最高の一品です。ありがとう、ギブソン!」とコメントを寄せている。

 『Phenix Les Paul Custom』は、1976年に発売された名盤『フランプトン・カムズ・アライヴ!』のジャケットを飾ったアイコニックなギター。このシグネチャー・ギターの元となったオリジナルのレスポールは、1980年の貨物機墜落事故で失われたと思われていたものの、実際は奇跡的に無事な状態で残っており、30年以上の時を経てピーターの元に戻った。このことから“フェニックス(不死鳥)”の愛称で呼ばれるようになったのだ。

 クラシックなレスポール・カスタムのルックスに、重量を軽減した超軽量マホガニー・ボディ、ゴールド・ハードウェア、Grover(R)チューナー、Schallerストラップロック、カバーが外されたCustombucker(TM)の3ピックアップ仕様で、“V.O.S.バージョン”としてヴィンテージギターを再現したフィニッシュにより、塗装の艶を落とした仕上げとなる。(オリジナルのフェニックスが持つ傷は再現していない)

 また、ワイヤリングはカスタマイズされており、3ウェイ・トグル・スイッチは2ピックアップ仕様のレスポール・カスタムと同様のファンクションで、前後のピックアップのボリュームとトーン・コントロールが共有となる。ミドル・ピックアップは独立したボリューム、トーンとなっており、他の2つのピックアップのどちらか(または両方)にミックスしたり、単体で鳴らすことも可能だ。クラシック・ルックスを再現しつつも、幅広いサウンドメイキングを可能とした汎用性の高いギターとなっている。

 ピーター・フランプトンは今年4月、レディオヘッド、デヴィッド・ボウイ、スティーヴィー・ワンダー、ジャコ・パストリアスなどのインストカヴァー10曲を収録したニューアルバム『Peter Frampton Forgets The Words』をリリースした。

◎商品情報
Gibson Peter Frampton “Phenix” Les Paul Custom VOS
【税込希望小売価格】998,800円
https://gibson.jp/electric/peter-frampton-phenix-inspired-les-paul-custom

◎リリース情報
アルバム『Peter Frampton Forgets The Words』
2021/4/23 RELEASE
https://peterframpton.lnk.to/ForgetsTheWordsPR

関連記事リンク(外部サイト)

ピーター・フランプトンの荷物を盗んだ男に実刑判決
バディ・ガイ、ピーター・フランプトンらがミュージシャンの殿堂入り
ピーター・フランプトン、空港で鞄を盗まれタグだけが戻る

access_time create folderエンタメ

Billboard JAPAN

国内唯一の総合シングルチャート“JAPAN HOT100”を発表。国内外のオリジナルエンタメニュースやアーティストインタビューをお届け中!

ウェブサイト: http://www.billboard-japan.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧