京都伏見に点在する「凄旨すぎる京都ラーメン」の名店5選

access_time create folderグルメ

どうもライターの丸野裕行です。

前回は、京都の神社仏閣を訪れたらぜひ行くべき近隣の名ラーメン店5選をご紹介した《京都ラーメンシリーズ》。今回も、関西圏をメインに数多くある旨いラーメン店を食べ歩き、雑誌やサイトで活躍中の麺類ライターさんに教えてもらった、京都伏見に点在するヤバいくらい美味しい京都ラーメンの名店を5軒ご紹介!

連載:京都ラーメンシリーズ
https://getnews.jp/search/%E4%B8%B8%E9%87%8E%E3%80%80%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3

筆者も実際に食べに行った「京都伏見に点在する「凄旨すぎる京都ラーメン」の名店」の数々、とくとお読みください!

伏見区東組町 『玄屋(げんや)』

酒蔵が立ち並ぶ京都伏見で、酒粕で作るラーメンといえば、この『玄屋』です。銘酒の数々が生まれると名高い伏見の酒粕を使うラーメンには、豚骨と鶏ガラをベースに、厳選した醤油と酒粕タレを合わせていただけるラーメンです。

酒蔵造りの店内に入ると、一瞬で酒粕の香りが全身を包み、思わずため息。もちろん基本の《酒粕拉麺》をオーダー。数分でカウンターに届いた丼からは、やはり上質のお酒の匂いが……。ズズっとスープを口に含めば、ほんのり酒粕の香りが、鼻に抜けます。香りの奥に甘さがあります。

麺は、細いストレート麺。スープの邪魔をしない麺は、縁の下の力持ちのごとくスープの味を支え続けています。たくさん入っている薄切りチャーシューがまたうまい! トッピングは、細切り大根、京薄揚げなど珍しいものばかりで、京都らしくていいですね~!

店名:『玄屋(げんや)』
住所:京都市伏見区東組町698 パークテラス桃山1F
TEL:075-602-1492
営業時間:11:30~19:30
定休日:木曜日

伏見深草 『ラーメン たぬき屋』

「京都伏見といえば……」という連日満席の大人気ラーメン店が『ラーメン たぬき屋』です。カウンター席のみの店内には旨いラーメンを求めるお客さんの姿がいつもあります。それほど地元に愛されたお店なんですね!

オススメしたいのは、限定20食の《熟成豚骨ラーメン》です。豚骨ラーメンと銘打っていますが、福岡博多とんこつとは違い、熟成感のあるコクのある豚骨スープ。ひと口飲むとまったりとした旨みが口いっぱいに広がります。少し強く色づいたスープと麺のバランスがエモいんですよ、これがまた! もう高脂血症も高血圧もどうでもいいやと思えるお味。太麺がスープがよく絡み、啜り込むほどに“たぬきの虜”になっていきます。

大きなブロック状になった激やわチャーシューも食べ応えあり! 職人の仕事が手に取るようにわかるお味です! デフォルトのさっぱりした《中華そば》も、たまらなく魅力的です!

店名:『ラーメン たぬき屋』
住所:京都市伏見区深草泓ノ壺町11-9 第二池田ハイツ
TEL:非公開
営業時間:11:30~14:30/18:00~22:00
定休日:木曜日・第1日曜日

伏見区撞木町 『ラーメン荘 地球規模で考えろ』

近鉄伏見駅から5分ほど歩いた場所にあるのが『ラーメン荘 地球規模で考えろ』です。いわゆる二郎系の関西での走りというこのグループ。根強いファンが非常に多いんです! 「マシマシ」「カラメ」という言葉を関西で根づかせたといっても過言ではないでしょう。

先に店内券売機で食券を購入して並びます。まずは、《ラーメン並》にチャレンジです。それにしても、200gの小と300gの並、400gの大が同じ800円というお値段で食べられるのがうれしいですね! 入口でおしぼりとレンゲ、水を準備し、着席。期待、期待、大期待! 丼到着! まずは野菜をいただいてそれから麺へと進みます! 野菜をワシャワシャっと適度に食べて、麺に箸を伸ばします! 麺は、極太ちぢれ平打ち麺。少し硬めの食感がいい!

ちょっと乳化したスープはかなり濃旨。特濃でジャンクで、麺がどんどん進みます! 男臭い肩肉の極厚チャーシューも食べ応えあり。50円のチーズトッピングでさらに濃厚に食べることができます!

店名:『ラーメン荘 地球規模で考えろ』
住所:京都市伏見区撞木町1153-9
TEL:075-644-7544
営業時間:火曜日~土曜日 ランチ11:00~15:00/ディナー18:00~24:00 日曜日ランチ11:00~15:00/ディナー17:00~22:00
定休日:月曜日

伏見区京町 『大黒ラーメン 本店』

昔から食べていた京都ラーメンの名店がここ! 桃山御陵前駅と伏見桃山駅近くにある『大黒ラーメン 本店』です。お小遣いでも子供たちが食べられるそのリーズナブルな価格帯が非常にうれしい! なんと《ラーメン(530円)》、150円増で《ラーメン大》と《チャーシュー麺》に変更可能! 女将さんもいい人で、お客さんとよくしゃべるよくしゃべる!

近隣にFMラジオ局があり、お邪魔する機会に恵まれたのですが、久しぶりに食べてもこれまた旨い! 待つこと6分程度で、すぐに丼が届きます。ラーメンスープをひと口飲むと、なんと懐かしい鶏ガラベースの豚骨醤油スープ。これこそ、京都ラーメンという感じ。口当たりがマイルドでしっかりコクがある。でも、どこか優しいスープなんでですよね。中細ストレートの麺にもよく絡むスープなので、どんどん啜り込んでしまいます!

トッピングとしては、薄切りチャーシューと九条ネギ、モヤシとシンプルです。途中で唐辛子を入れ、味変をすれば、これまた趣が違う味に……! このお店では、並が240円の《焼き飯》もオススメですよ! こんなに良心的な価格なのにレジでお代を支払うと、割引券までもらえます!

店名:『大黒ラーメン 本店』
住所:京都市伏見区京町大黒町118
TEL:075-612-3153
営業時間:11:00~23:00 ※スープ無くなり次第終了
定休日:月曜日

伏見桃山 『特製ラーメン大中 本店』

京都ラーメンを食すときに、味のある場所というものがあります。町家づくりのキレイなお店、京都らしい狭い路地を入っていく隠れ家的なお店などなど。しかし、こんなにもラーメンが食べたくなるシュチュエ―ションがあるのでしょうか! なんと『特製ラーメン大中 本店』は、酔いどれ客の味方である高架下にあります! もう長渕剛が演じている西新宿の町医者ポーでも飛び出してきそうな風景!

否が応でもラーメンに期待が高まります。麺の硬さはもちろん、チャーシューの部位が選べて、ネギもやしの量が選べて、温泉卵もトッピングできて、キムチまでトッピングできて、それで無料だからってんだからありがたい! 卓上には「勝手に入れろ!」という不愛想でもサービス精神のある調味料がたくさん置いてあります。

着席して、5分ほどしてからラーメンが到着。『天下一品』までとは言わないけれど、かなりとろみのあるスープがストレート細麺に絡む、絡む。酔っ払いノックアウトのこのコクと味は『大中』でしか味わえません!

店名:『特製ラーメン大中 本店』
住所:京都府京都市伏見区観音寺町高架下217
TEL:075-603-2712
営業時間:11:00~翌2:00
定休日:無休

京都伏見には、味のある昔ながらの名店が非常に多くあります。以前ご紹介したラーメンよりも、ワイルドでパンチのある味を誇る伏見ラーメン。あなたもぜひ味わってください!
この京都ラーメンシリーズ、京都は広く旨いと唸るお店が数多くあり過ぎて、まったく紹介しきれていません!

次回もさらに地元・京都の「旨すぎる!」と泣きたくなるようなラーメン店をご紹介したいと思います。

(執筆者: 丸野裕行)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧