『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』の日本公開が8/13に決定! ティザーポスターでちょっぴりキャラクター紹介

access_time create folder映画

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督が仕掛ける、すべてがぶっ飛んだ映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』。本作の日本公開が8月13日(金)に決定。併せて日本版ティザーポスターが解禁!

公開日の決定と共に解禁されたティザーポスターには、世界を救う…はずのクレイジーでクセの強いド級の悪党たちのド派手なビジュアルが描かれています。

向かって右側、ロケットランチャーを手に笑顔をみせるのは、ジョーカーと別れ、彼氏募集中のハーレイ・クイン (マーゴット・ロビー)。ポップさとクレイジーさに更に磨きがかかった悪カワは、今度はいったいどんなカオスを招くのか?そ して上段に位置するのは、幼い頃か
ら戦闘訓練を積んできた最強スナイパーのブラッドスポート(イドリス・エルバ)。百戦錬磨の彼にとって、身の回りのものは全て凶器。両手に持つ銃と思しき武器を使って、これまでにないアクションをみせてくれるに違いない。そして向かって左、大きな銃を軽々と片手で構える強面はピースメイカー (ジョン・シナ)。調停者の名を持つ彼だが、平和のためにはケンカも殺しもいとわないという超矛盾キャラだ。

そして中央で銃を構えるのは、“スーサイド・スクワッド”のリーダー、リック・フラッグ(ジョエル・キナマン)。自殺級のデス・ミッショ
ンの為に集められた悪党を束ねる彼は、戦闘能力がずば抜けて高い職業軍人。ノリだけ で行動をするメンバーたちに常に目を光らせている彼は、世界の平和にとって正に頼みの綱。だがしかし、どうしてもカワイイキャラクターが胸に描かれたキュートなTシャツに、ついつ
い目がいってしまいます…。

更に、ネズミが相棒の(マスクを外せば実は女性の)悪党ラットキャッチャー2(ダニエラ・メルキオール)、虹色の水玉模様がポップなボディスーツを身に着けているくせに、性格は陰キャラのポルカドットマン (デヴィッド・ダストマルチャン)、、そしてお腹を満たすことしか考えていない半分人間で半分サメのキング・シャーク(スティーブ・エイジー)など、ビジュアルに描かれる悪党たちは皆超個性的。

この他、サヴァント (マイケル・ルーカー)、シンカー(ピーター・キャパルディ)、ブラックガード(ピート・デヴィッドソン)などなど、10 名以上の悪党たちが新生スーサイド・スクワッドとして集結。決して一つにまとまらず、何をしでかすか分からない彼らに、果たして本気で世界を救う気はあるのでしょうか!?

本作は、死亡率最悪の刑務所に収容されている、究極の悪党=“極”悪党たちが、出所を引き換えに成功率ほぼ0%のデス・ミッションに過激に挑む姿を、爽快且つド派手に描くアクション超大作。首の後ろに爆弾が埋め込まれ、命令に背けば即死、ミッション失敗でも即死というもはや自殺級といっても過言ではない状況下にもかからず、ノリとテンションで任務を遂行してゆく彼らの活躍を描くのは、ジェームズ・ガン監督。史上最もヒーローらしくないヒーローチームの活躍を、ゴキゲンなヒット曲ナンバーと共に描いた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を大ヒットに導いた彼が、予測不能な“極”悪党たちを如何に魅力たっぷりに描くのか?放送禁止用語もお構いなしのクレイジーさとノリ、そしてジョークとド派手なアクションで贈る本作に、今から期待に胸が高まります!

(C)2021 WBEI TM & (C)DC

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧