サイモン・ペッグが“地下室に囚われていた男”を怪演 一家の忌まわしき秘密をめぐるミステリー・スリラー『インヘリタンス』6月公開[ホラー通信]

access_time create folder映画

リリー・コリンズとサイモン・ペッグが共演するミステリー・スリラー『インヘリタンス』(原題:INHERITANCE)の日本公開が決定。6月11日より、新宿武蔵野館ほかにて順次公開される。

サイモン・ペッグが30年ものあいだ地下室に囚われていた男を演じる本作。ペッグは、痩せこけて狂気を帯びたこの男を演じるために、6ヶ月に渡るストイックな肉体改造を敢行。贅肉を削ぎ落とした、筋肉質な体脂肪率6%の体を作り上げて役に臨んでいる。

地方検事のローレン(リリー・コリンズ)は、父であり銀行家のアーチャー・モンローを亡くし、家族と共に遺産を相続する。ローレンへは、「真実は掘り起こすな」という遺言とともに、隠された地下室の扉を開けるための“1本の鍵”が遺されていた。地下へ足を踏み入れたローレンは、鎖に繋がれた男(サイモン・ペッグ)を発見する。モーガンと名乗るその男は、30年に渡りアーチャーの手で監禁されていたと語り始める。果たして、30年前の因縁とは? そこにはモンロー家にまつわる忌まわしき秘密が隠されていた――。

監督は、同じくペッグ出演の『アニー・イン・ザ・ターミナル』で監督・脚本を務めたヴォーン・スタイン。主演のリリー・コリンズ、サイモン・ペッグの他、『ワンダーウーマン』のコニー・ニールセン、ドラマ「ザ・ボーイズ」のチェイス・クロフォードが出演している。

『インヘリタンス』
6月11日(金) 新宿武蔵野館ほか 順次公開
https://klockworx-v.com/inheritance/

監督:ヴォーン・スタイン『アニー・イン・ザ・ターミナル』
出演:リリー・コリンズ、サイモン・ペッグ、コニー・ニールセン、チェイス・クロフォード、パトリック・ウォーバートン、マルク・リチャードソン、マイケル・ビーチ
配給:クロックワークス

2020年/アメリカ/カラー/111分/シネマスコープ/英語/5.1ch
英題:INHERITANCE/レイティング:G/日本語字幕:北村広子

(C) 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

access_time create folder映画

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧