中国当局による検閲後のbilibili版『極主夫道』が注目を集める 「中国って龍が大好きだと思ってたけど」「パンツ履いてるマレーシアの『進撃の巨人』のほうが酷いだろ」

access_time create folderエンタメ

Netflixが4月8日から配信を開始したアニメ『極主夫道』。Google同様にNetflixも利用不可となっている中国では、『极主夫道』としてbilibili(ビリビリ)というプラットフォームでの配信が始まっています。

自称「台湾人アニオタ」という台湾のTwitterユーザーが、中国当局による検閲後のbilibili版『極主夫道』とオリジナルを比較した画像をツイートし、注目を集めています。


https://twitter.com/Abalamindo/status/1380391769813053440

中国配信版の『#極主夫道』アニメが入れ墨全修正され、主人公がただの痛いおっさんになってしまう、と笑いの種にされている。これもう修正のレベルじゃなくて、制作段階から中国向けにするんだろうな。どこの美容クリニックに通っているかね。

ご覧のように、中国では入れ墨全削除で配信されているようです。

これに世界中のアニメファンが反応しています。


https://twitter.com/KingOfSuper/status/1381646706886909952

「入れ墨は中国政府にとって強烈すぎるのかな(笑)」


https://twitter.com/thatconcub/status/1381771225958121474

「中国を嫌いになる理由がまだあるとは思わなかったよ」

他にも以下のような声が集まっています。

・中国って龍が大好きだと思ってたけど
・パンツ履いてるマレーシアの『進撃の巨人』のほうが酷いだろ
・中国共産党はなんでも検閲するよ
・Netflixが台無しにしたアニメってこれ?
・残念なアニメをさらに残念なものにするのが中国らしい
・中国国内ではなにをしようと共産党の自由なんです
・日本でも入れ墨してると公衆浴場とかには入れないんだよ
・ヤクザな国がヤクザのアニメを検閲

※画像:
https://twitter.com/Abalamindo/status/1380391769813053440
https://search.bilibili.com/all?keyword=%E6%9E%81%E4%B8%BB%E5%A4%AB%E9%81%93

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧