グランプリは医療系学生チーム考案の病院内サウンドデバイスに決定! ソニーが次世代クリエイターを育成する「U24 CO-CHALLENGE 2021」

access_time create folder政治・経済・社会

ソニーが実施している次世代クリエイターのアイデアを育てるプログラム「U24 CO-CHALLENGE 2021」にて、83チームから応募された93案のアイデアの中からグランプリが決定。

医療系学生チーム「MSW」が考案した、さまざまな患者が抱える心のケアを実現する院内サウンドデバイス『Ear Psychology(イヤーサイコロジー)』)が選出されました。

サウンドで患者の心をケア

『Ear Psychology』は、ワイヤレスイヤホンとスマートフォンのアプリケーションから構成されるシステムを用い、病院内で患者の心のケアとなるサウンドを届けるサービス。

患者のことを最も理解している家族や友人が励ましのメッセージを吹き込んだ「声の寄せ書き」機能や、患者が好む音楽をアップロードすると、病院内のさまざまな場所でワイヤレスイヤホンからそのサウンドが流れ出す機能を搭載。病院での面会時間が取れないなど患者を応援する機会が持てない家族や友人でも、この仕組みを通じてサポートしたい気持ちを伝えることができるとしています。

医療系学生2名から構成されるMSWは、長期入院で家族と離れた小児科の子どもや、手術前に不安を感じる患者を目の当たりにし、医療技術が格段に進歩する一方で、「患者さんの癒しやケアへのテクノロジーはあまり進んでいないのではないか」という気づきから、このアイデアを着想。

審査員からは、医療従事者として病院の空間をよりよいものにしたいというビジョンのもとで、「患者さんの心のケアに対する問題意識を明確に持って発想している」ことや「音の持つ効果に着目した創造性」、「利用者である患者さんの目線で設計されており、このサービスを必要とする人たちを幸せにするアイデアである」ことが評価されました。

次世代クリエイターの創造性に期待

「U24 CO-CHALLENGE 2021」は、24歳以下の世代を対象とし、ソニーのノウハウを活用してアイデアを育てる、コンペティションとワークショップが一体となったプログラム。

コンペティションでは、「Create the Beyond ~その先の世界をつくるのは、君だ。~」をテーマに、新たな日常、新たな価値観の中で、新しい人のあり方をつくり、新しい人と人の関係をつくるアイデアを募集。

選考にあたっては、「Newness/Innovative」(見たことがないアイデアか)、「Challenging/Visionary」(未来志向で挑戦を感じる内容か)、「Creative/Unique」(ワクワクや感動を生む創造性があるか)の3点から審査が実施されました。

MSWを含むファイナリスト3チームの最終プレゼンテーションや審査の模様は、3月23日に配信されたNewsPicksの経済討論番組「The UPDATE×U24 CO-CHALLENGE 2021【Z世代の創造力で世界はどう変わるのか?】」のアーカイブにて視聴することができます。

番組アーカイブ:https://newspicks.com/live-movie/1108

access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧