物間寧人と心操人使の共闘に「ものすごく尊い」『ヒロアカ』第5期 山下大輝&天﨑滉平&羽多野渉インタビュー 共闘したいキャラは?

access_time create folderエンタメ

TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第5期放送に合わせ、主人公・緑谷出久役の山下大輝さん、物間寧人役の天﨑滉平さん、心操人使役の羽多野渉さんのインタビューをお届けします。

シリーズ累計発行部数3000万部を突破した「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中、堀越耕平氏による大人気コミック『僕のヒーローアカデミア』、通称“ヒロアカ”のTVアニメ最新シリーズ第5期が、いよいよ明日2021年3月27日(土)より放送開始!

TVアニメ第5期でまず描かれるのは、「雄英高校ヒーロー科1年A組vsB組対抗戦」。社会と人々を守るヒーローを目指す、激しく火花を散らす校内のライバルクラス同士が、第2期の雄英体育祭編以来の激突! 今度は“個性”全開で真正面からぶつかり合う、ヒロアカ初となる“チームバトル”が描かれます。

1年A組の緑谷出久(愛称、デク)役の山下大輝さん、1年B組の物間寧人役の天﨑滉平さん、そして今回の対抗戦に普通科から特別参加する心操人使役の羽多野渉さんに、見どころや共闘したいキャラなど、お話を伺いました。

※少しネタバレもあるので、原作を未読の方はご注意ください!

共闘することがなかったら生まれなかった会話に「尊い……」

――TVアニメシリーズも第5期まできましたね。

山下:4期の収録のときも、まだ決定はしていませんでしたが5期も見据えて臨んでいましたし、シリーズを重ねるにつれてお客さんの中でもどんどん期待度が高まっているのを感じていました。その期待の声に応えられるように、それ以上のものを皆さんにお届けできるように気合は十分です。

天﨑:僕は第2期の体育祭編のときから参加でしたが、第1話から一人の視聴者として観ていたので、自分が参加できていることに喜びを感じています。嬉しいことに、物間も徐々に活躍して色々な面を見せてくれるようになってきて、さらに気が引き締まる思いです。

羽多野:心操くんも体育祭のときに出てきたキャラクターで、ヒーロー科ではなく、普通科のキャラクターだったんですが、「原作の方で心操くん、また出てきていますよ!」と色々な方から教えていただいて、第5期はお待ち申し上げていたというか、本当に有り難いなという感じです(笑)。また再び登場させていただけることを嬉しく思いましたし、別の現場で山下くんに会っても、「いよいよですね!楽しみですね」みたいな話もしていました。個人的にも楽しみにしていた第5期です。

また、2019年にアメリカで大きなアニメイベントがあってゲスト出演させて頂いたんですが、たまたま(爆豪勝己役の)岡本信彦くんもご一緒で。さまざまな作品が集まるアニメ総合イベントだったんですけど、ヒロアカのイベントなんじゃないかというくらい、お客さんがみんなヒロアカ大好きで、羽多野渉のことはわからないけれど、「あ、心操だ!」と声はわかるみたいで、すごく嬉しかったですね。

――第4期の後半に引き続き、第5期前半も学校内の話になりますが、演じてみた印象を教えてください。

山下:対抗戦編は、学生同士でのチームバトルの話で、こういうのって少年心をくすぐられるな、と。原作読者としても、この話は「めっちゃ楽しい!」という印象だったんです。A組対B組は、体育祭からずっと培われてきたライバル同士の関係性。そこから、B組ってスポットがあまり当たっていなかったので、どのくらい彼らが裏で努力をして、どんなことをして成長してきたのか、というところがこれからの戦いの中で描かれていて。A組も負けられない意地やプライドみたいなものがあるから、そのぶつかり合いが本当に観ていてワクワクドキドキします。

デクとして「A組頑張れ!」という気持ちもあるし、B組もそれに負けないくらいのパワーで挑んでくるので、今演じる姿を見て、声を聴いていると「うわあ、こんな想いで戦っているんだな……。B組も頑張れ!」と、いう気持ちになりますね。

――アフレコ現場でその想いを目の前で感じているんですね。

山下:アフレコは、まさに順番にチームごとに戦っていくんですけど、その最終段階で心操くんとの戦いがあるので、そこに向けてみんなの戦いからバトンを貰っているという気持ちです。その戦っている背中を見て、「よし!頑張んなきゃいけないな!」という気持ちを高めています。

どちらもチームのために、自分のために、夢を叶えるためにと、みんな勝つ気で戦っているのがひしひしと伝わってくるので、それを感じながらアフレコの最終戦に臨めたらいいなと思っています。

――お二人はいかがですか?

天﨑:ようやくB組のお披露目ができるという気持ちです。

羽多野:派手なシーンばっかりだもんね(笑)。

天﨑:今まで物間は、B組は“すごいんだぞ!A組に負けないんだぞ!”ということをずっと言ってきましたが、なかなかそれを証明できる場所がなかったので。ようやくA組対B組で対決できて、しかも一番知らしめたかったA組に戦いの場で力を見せることができるのは、僕も物間を演じる身としてとても嬉しくなりました。戦いが進んでいく中でB組の“個性”や作戦だったり、“こういう良いところがあるんだ”という部分が描かれていくのが嬉しくて。それを物間は、自分が戦っていない場面でも外から見ていて、毎回色々言っています。

山下:全部リアクションしてくれるもんね(笑)。

羽多野:物間は本当にリアクション王。ずっと1人で叫んでたもんね。心操くんが淡々としているから余計に(笑)。

天﨑:物間と心操くんの掛け合いは面白いですよね。

羽多野:他の人はみんな冷静で、物間が勝手にどんどん盛り上がっていくから、めっちゃ面白い(笑)。

天﨑:そういった第5期が僕は楽しくてしょうがないです(笑)。それこそ、デクを相手に心操くんと共闘している物間の最終戦では彼自身のことも描かれるので、さらに楽しみですね。

羽多野:A組とB組の対抗戦ではあるんですけど、心操としてはそこにゲスト枠という形で参加させていただいています。というのも、第2期の体育祭を終えたときに相澤先生が心操を少し気にかけてくれて、どうやらみんなの見えないところで一生懸命努力していたようなんです。今回は、その努力の成果を先生やA組、B組のみんなに見てもらう場でもあります。

結果によっては自分の目標としているヒーロー科に編入することに一歩近づくのではないかという、彼の中ではかなり熱くたぎっている状況だとは思うんですけど、あまり表面上には感情が出ないキャラなので、モノローグの熱さとセリフでの仲間たちとの掛け合いの冷静さみたいなところが面白く描かれているのではないかな、と思います。

――物間自身も自分で言ったりしていますが、正統派ヒーローらしくはない“個性”の物間と心操が今回共闘するというところが面白いですよね。

天﨑:僕はシンプルに嬉しかったですね。もちろん物間目線でもそうなんですけど、イチ読者として、心操くんが普通科から努力を経てヒーロー科の対抗戦に参加しているということがまずエモくて。また、原作を読んだときには、心操くんが誰かと協力して戦っているということに対して、ものすごくジーンときました。

ヒーロー向きじゃない“個性”を抱えてきた物間が心操くんと共闘することに対しても、僕はすごく嬉しかったです。彼自身が、その“個性”はスーパーヒーローにはなれないと言われたと自分語りをするシーンで、「”出来ない”って事を知ってるって話さ」というセリフがあるのですが、心操くんに対してその話をするというのがとても意味があることだし、心操くんにだから話したんだろうな、と思えて。そこは一緒に共闘することがなかったら生まれなかった会話なので、“ものすごく尊いな”と思いました(笑)。

羽多野:尊い(笑)。

山下:そこに凝縮したね(笑)。

羽多野:今回の物間の膨大なセリフ量の中で、少ないけれど良いことを言っているシーンだよね。ほとんどがめちゃくちゃテンションが高い“おもしろセリフ”だから(笑)。ギャップがすごいんだけど、たまにポロッとすごく良いことを言う。

心操は、中学時代にクラスメイトから「洗脳しないで」と敬遠された過去がある中で自分の“個性”と向き合ってきたわけだけど、その“個性”を仲間が使ってどういう風に戦略を立てていこうか?と、「自分の“個性”が誰かの役に立っている」という瞬間を実感できる展開が嬉しかったです。仲間が認めてくれるというのはジーンときますよね。たぶん、彼はずっと1人で自分の“個性”と向き合ってきただろうけど、みんなで一緒に戦うことの面白さとか、意義みたいなものを実感できたんじゃないかと思います。努力次第でどんな“個性”も目標に向かっていけるんだ!と、仲間の言葉によって勇気づけられる瞬間がありますね。

共闘したいキャラクターは?

――第5期の対抗戦編は共闘がポイントとなっていますが、ご自身または、演じられているキャラクター目線で考えたときに、どのキャラクターとチームを組みたいですか?

山下:誰とでも! デクだったら、誰と組んでも共闘した際の応用の仕方とか、全部メモを取っていると思うので(笑)。対応策も全部練っているので、例えば自分(山下さん)がデクと組んだら色々教えてくれて、「なるほど、こういう風に戦えばいいのか」と。でも、かっちゃんは怖いので絶対に嫌なんですよ(笑)。「クソが、ついてこい!」みたいな感じは、「やめてよ、言葉が強い……」となります(笑)。

天﨑:ワードが強い(笑)。

山下:想像すると、優しく丁寧に教えてくれそうなデクは良いのかな、と思います。

羽多野:意外に戦闘能力よりもキャラクターの性格で選んだほうがいいかもしれないね(笑)。

山下:そうですよ、メンタルケアは大事です!この上司についていけるかどうか、みたいな(笑)。そう考えると、デクは人柄と知識というものが武器になるんじゃないかなと思います。

天﨑:それは確かにありますよね。

羽多野:戦略を練れるっていいよね。

山下:あとちゃんと褒めてくれそうだし!「君はここが強みだから、こういう風に応用すればきっと上手くいくよ!」って、“ちゃんと褒めてくれるやーん!”ってなりそう(笑)。

天﨑:僕個人としては、拳藤一佳がちょっと気になる……。

山下:あれ? おかしいな。

天﨑:いや、耳郎ちゃんも、もちろん好きですよ!

羽多野:これ、恋の話なの(笑)?

天﨑:耳郎ちゃんも好き。拳藤も好き。でも、僕は今もしかしたら小大唯もすごく好きかもしれない……。あの子は可愛いですね。

羽多野:でもトカゲの“個性”の取蔭切奈もセクシーで好きなんでしょ?

天﨑:そうですね、あの子はとってもセクシーですからね。

山下:もう女子全員!? じゃあ峰田君と組みなよ(笑)。

天﨑:確かに、気は合うかもしれないです(笑)。やっぱり峰田にしようかな。峰田とそういう話をしようと思います(笑)。

山下:上鳴も加えていただいて、3人で女の子の話をするチーム。

羽多野:個性派が揃ったうるさいチームになるよ(笑)。僕もキャラクター的には優しい人がいいですね。ただ、心操目線で考えると、戦略を練れる、知力に長けた人と組んだほうが良いのかな、と思います。物間なんかまさにそういうタイプですからね。デクと組んだらどうなるんだろう?とも思います。

山下:めちゃくちゃ相性良さそうですけどね。お互いの弱点になる部分とか、直接戦ったからこそ見えてくる、知っていることがありそうなので。

羽多野:確かに、そこから補える部分もありそうだよね。あとは女性キャラも良い子が多いですよね! 見えない葉隠さんとか! 心操との組み合わせで(透明人間の)見えない“個性”というのはすごい武器になるんじゃないかと思いますし、魅力的なキャラだなと思います。

実際に収録をして会話をしていくと、キャラクターが1人残らず面白いんですよね! 「あ、こんなキャラクターもいたんだ! こんな“個性”もあるんだ!」とか。もうみんなが知っている第1期から活躍しているキャラクターの“個性”も使い方次第で見え方が変わる。ちょっと頭脳戦のような部分もあるので、「そんな使い方あるんだ、面白いね!」なんて発見も、この第5期では見どころの1つなんじゃないかなと思います。

デクのヒーロー分析は昔の憧れ目線から「自分が戦ったら」の主体目線に変わっている

――では、演じるキャラクターのこれまでのシリーズから成長した部分や、第5期での見どころをお願いします!

山下:デクとしては、“個性”のワン・フォー・オールに今回はスポットが当たるので、謎解きの部分も最初のほうにあるのではないかな、と……。ワン・フォー・オールって、ずーっと受け継がれてきているものであって、まだまだ謎が多いんですよ。かつて使っていた人たちがどういう人だったのか明かされていない部分が多いんですけど、それがちょっとずつ心操くんの“個性”により見えてきて。体育祭のときに歴代のヒーローたちの影は見て、そこからさらに、ワン・フォー・オールの内なる力を段々と見つけていくのが今期なのかなと思います。今まではあまり触れてきていなかったその謎が若干解き明かされていく……、というところがデクのポイントです。

それと同時に、他の生徒たちとの掛け合いだったり、成長を見て、「この“個性”はこんな風に応用して伸ばしていっているのか」と、みんなの“個性”を研究・分析してメモるところは、昔から変わらずにあって面白いなと思いました。でも今は、もし自分と共闘した場合だったり、自分が戦った場合という想定をして彼は分析をするのかなって。昔はたぶん、「すごいな~、憧れるな。もし、プロヒーロー同士でタッグを組んだらこうなんだろうなあ」と思っていた部分が、今は自分を主体にした作戦に変わっているんじゃないかと思いながら演じています。

天﨑:物間は、成長をだいぶ隠してきたと思うんです。A組をメインとしたヒロアカの物語が進む中で、たぶん裏でものすごく努力をしていて成長は絶対にしているんです。でも、初登場のときからA組対して隠した想いがあり、なぜ物間はA組にこんなに突っかかってくるんだろう?みたいなところがずっとあるのですが、なぜA組を目の敵にしていたかの1つの答えみたいなことも話しますし、その裏にはB組に対する物間の想いがちゃんとあって。そういった意味では、体育祭のときからしっかりチームで戦えてもいましたし、それぞれの“個性”、特に物間は仲間の“個性”を理解しておかないといけないので、仲間の“個性”をちゃんと活かして仲間と一緒に戦う、という物間にとっても続けてきたことの真価が第5期で表れると思います。

また、戦いとは別のところでいうと、回を追うごとに、どんどんテンションが上限なしに上がっていくので(笑)、その上限なしの物間の成長に僕が負けちゃいけないと思って一生懸命追いかけていました。

山下:登場する度にだもんね。

羽多野:原作でも常に顔芸みたいになってるからね(笑)。

天﨑:対抗戦では、なかなか素の顔を見せていないかもしれないです(笑)。物間に負けないように必死に僕が成長しなきゃと思っていた感じです。

羽多野:心操くんは、成長が見えやすいキャラクターかなと思っています。体育祭のときにデクと戦って、そこで自分に足りないものが確実に分かったわけで。あのときは、自分の“個性”に対する向き合いが足りなかったのかな?とは思うんですよね。洗脳という“個性”は、言葉だけ聞くとやっぱりちょっと怖いイメージがあって、悪役向きみたいに感じますけど、使い方次第で、まさに頭脳プレーができる。

心操くんは自分の声を変えられるアイテムというのを初めてつけて出てくるので、それによって戦いがどうなるのか?が見どころだと思います。そして、彼自身は個性だけではなく、肉体訓練もしっかり積んできたんだろうな、というのが“デクのモノローグによって”判明します(笑)。

山下:デクは、みんな1人1人をすごく見てますから(笑)!

羽多野:デクは観察眼がすごいので 、「あれ?体格良くなってる?」みたいな(笑)。どうやら心操くんの体格が良くなっているということは、裏でしっかり肉体訓練を積んでこの対抗戦に臨んでいるんじゃないかと思います。きちんと結果を出せるようにやっていると思うので、応援していただきたいですね。

天﨑:あとは、物間の優しい部分もいっぱいありますので! 皆さん、注目して見つけてください(笑)。

羽多野:心操くんの視点でヒーロー科の彼らを見ていると、当然1人1人の“個性”が力を持っていてすごい人達だな、とは思うんですけど、一番すごいのは他者の“個性”を認めるところ。戦いの後に称え合ったり、「あの“個性”を使われるとは、やられたね」とか、「元々弱点があったものを、こんな克服のされ方したら敵わないよ」とか、自分のことだけじゃなくて、他者をしっかり見た上で、その“個性”を認めて、じゃあ自分はどう成長していくのか、と常にみんな前に進んでいる姿というのが、心操くんの目線で見ているとすごく伝わってきて、そういうアニメの楽しみ方もあるんじゃないかなと思います。常に生きているというか、成長している彼らの物語ということが、今回の対抗戦でも伝わってくると思いますので、ぜひ楽しんでいただきたいと思います。

――楽しみにしています、ありがとうございました!

関連記事:
これが社会か!『ヒロアカ』4期は「一言一言が心にズバズバ刺さる」 アフレコの裏側&3色ボールペンのこだわり話で大盛り上がり!山下大輝・津田健次郎インタビュー
https://otajo.jp/82157

『ヒロアカ』アニメ第5期最新PV解禁!OP曲はDISH//が担当「物語とともにそっと心に寄り添えますように」
https://otajo.jp/97950[リンク]

作品情報

『僕のヒーローアカデミア』TVアニメ第5期
2021年3月27日(土) 放送開始!
毎週土曜夕方5時30分 読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット(※一部地域を除く)

<ストーリー>
超常能力“個性”を持つ人間が当たり前の世界。憧れのNo.1ヒーロー・オールマイトと出会った“無個性”の少年・緑谷出久、通称「デク
」は、その内に秘めるヒーローの資質を見出され、オールマイトから“個性”ワン・フォー・オールを受け継いだ。デクはヒーロー輩出の名門・雄英高校に入学し、“個性”で社会や人々を救ける“ヒーロー”になることを目指し、ヒーロー科1年A組のクラスメイトたちと切磋琢磨する毎日を過ごしていた。

「プロヒーロー仮免許」取得とプロヒーローインターン活動。そこでの少女・エリとの出会いと、そのエリを恐るべき計画に利用する「死穢八斎會」の若頭オーバーホール、エリを救うための死闘。エリや雄英生徒の皆を笑顔にするための文化祭。新たなヒーローランキングの発表…。慌ただしい日々の中、デクは着実に成長を続けていく。その一方で、死柄木弔率いる敵<ヴィラン>連合もその力を蓄えていた。
“最高のヒーロー”を目指すデクの次なる試練、それは同じくヒーローを目指す1年B組との、互いのプライドを懸けた対抗戦! 体育祭以来の直接対決に、生徒たちの意気は上がる。そんな中、デクの中で新たな“何か”が目覚めようとしていた―。
<スタッフ>
原作:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)  総監督:長崎健司  監督:向井雅浩  シリーズ構成・脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦・小田嶋瞳  音楽:林ゆうき  アニメーション制作:ボンズ
オープニングテーマ:「No.1」DISH//  エンディングテーマ:「足跡」the peggies
<キャスト>
緑谷出久:山下大輝  爆豪勝己:岡本信彦  麗日お茶子:佐倉綾音  飯田天哉:石川界人  轟焦凍:梶裕貴
切島鋭児郎:増田俊樹  蛙吹梅雨:悠木碧  八百万百:井上麻里奈  常闇踏陰:細谷佳正
物間寧人:天﨑滉平  拳藤一佳:小笠原早紀  鉄哲徹鐵:沖野晃司  泡瀬洋雪:松岡禎丞  塩崎茨:桜坂美穂
心操人使:羽多野渉  相澤消太:諏訪部順一  オールマイト:三宅健太
<公式サイト/公式SNS>
アニメ公式サイト http://heroaca.com/ アニメ公式twitter http://twitter.com/heroaca_anime
アニメ公式Instagram http://instagram.com/heroaca_insta  アニメLINE公式アカウント ID:heroaca_line
読売テレビ番組公式ホームページ http://www.ytv.co.jp/heroaca/
≪TVアニメ第1期~第4期 各動画配信サービスで配信中 & Blu-ray&DVDシリーズ発売中!≫
配信情報:https://heroaca.com/onair.html
BD&DVD情報:https://heroaca.com/bd_dvd.html
©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧