蝶野vs「カメ止め」メンバーのプレゼン対決、ヒロシの縄文キャンプ体験をマルチアングルで楽しもう! auスマートパスプレミアムで配信

access_time create folderエンタメ

「auスマートパスプレミアム」は、朝日新聞社とコラボレーションした本格派バラエティコンテンツとして、3月18日(木)から『逆境プレゼンテーション』『ヒロシのマルチアングルキャンプ』の2本を配信開始。いずれも好きなカメラアングルを自由に選択して視聴することができる、マルチアングル映像を採用しています。

「カメ止め」メンバーが蝶野正洋にプレゼン!

日本アカデミー賞8部門を受賞した話題映画『カメラを止めるな!』(以下、「カメ止め」)の監督・俳優陣が登場する『逆境プレゼンテーション』は、プロレスラーの蝶野正洋さんをゲストに招き、「カメ止め」主演の濱津隆之さんのプレゼンによって、どれだけ映画が観たくなったか採点してもらうバラエティー番組。

300万円という低予算かつ無名の監督と俳優らによる自主映画ながら、興収30億円超を記録して社会現象を起こした「カメ止め」をまだ観ていないという蝶野さんに対し、プレゼンは初心者という濱津さん。蝶野さんの鋭い質問や重圧を受けて追い詰められながらも映画の魅力を熱弁し、別室からは上田慎一郎監督や娘役で共演した真魚さんがアドバイスを送ります。

さらに、就活キャリアアドバイザーが濱津さんの立ち振る舞いなどを辛口解説する場面もあり、プレゼンのHow Toコンテンツとしても楽しめそうです。

『逆境プレゼンテーション』視聴URL:http:// kddi l.jp/8LA[リンク]

ヒロシが縄文時代のキャンプを体験!

縄文時代から行なわれてきた「キャンプ」を題材にしたロケバラエティ『縄文キャンプ』には、ソロキャンパー芸人として知られるヒロシさんが出演。10月から東京都江戸東京博物館(東京都・墨田区)にて開催予定の特別展「縄文2021-東京に生きた縄文人-」(朝日新聞社など主催)とのコラボレーション企画として、隣り合う「現代キャンプ」と「縄文キャンプ」を行き来しながら、キャンプの奥深さを紹介します。

「縄文キャンプ」の体験では、火起こし、食事準備などについて、専門家が時代考証に基づくアドバイスを送る場面も。現代と縄文、それぞれのキャンプを比較することで人類が脈々と続けてきた“生きる営み”を感じられる内容となっています。

『縄文キャンプ』視聴URL:http:// kddi l.jp/NVa[リンク]

auスマートパスプレミアムはスマホライフを充実させる便利なアプリや、おトクなクーポン、あんしんのスマホサポートなどを月額情報料548円(税込み)で利用できるサービス。映像・音楽・書籍・ライブなどのエンタメコンテンツに加え、2020年3月から提供を開始したVRやマルチアングル動画などのau 5G向けコンテンツも人気を集めています。

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧