「シン・エヴァンゲリオン劇場版」異例の月曜日公開ながら初日の興行収入8億円 観客動員54万人!

access_time create folder映画

3月8日についに公開となった、エヴァンゲリオンシリーズの完結編となる映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」。
株式カラーは3月9日に

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』異例の月曜公開となりましたが、お陰様で多くの方に足を運んでいただき、初日興行収入8億277万4200円、初日観客動員数53万9623人と非常に良いスタートを切ることができました。皆様には感染対策などお願いばかりで恐縮ですが、本当にありがとうございます。

とツイートを行った。
新型コロナウイルス感染拡大の影響により公開延期、異例の平日・月曜日の公開となったものの、社会現象をも巻き起こした四半世紀にわたる人気作品の集大成とあって、多くのファンが初日に鑑賞したようである。

主人公・碇シンジ役の緒方恵美さんは、興収と観客動員を報じた「MOVIE WALKER PRESS」のツイートを引用し

【御礼】ありがとうございます…!
非常事態宣言下で従来の最速上映もレイトショーも難しい中、2時間半超で上演回数もだし、月曜日でお仕事や学校もおありだし…と思っていたので驚きました。関係各位様のご努力と、足を運んで下さった皆様のおかげです。多くの方に楽しんで頂けますように。

と御礼のツイートを行い、多くのリツイートや「いいね」を集める。緒方さんのツイートには、作品を観に行ったというユーザーから感謝の言葉が数多く寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

access_time create folder映画

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧