急速充電対応も安心なAiperのポータブル電源「FREEMAN 300」レビュー 78000mAh容量で8台同時に充電・給電可能

access_time create folderデジタル・IT

Aiper(株式会社アイパー・ジャパン)が3月4日に発売したポータブル電源「FREEMAN 300」のレビューをお届けします。

最大300WのACを1口、最大60WのPower Delivery対応USB Type-Cポートを1口、Quick Charge 3.0対応で18Wの急速充電対応ポートを含むUSB Type-Aポート3口、最大120W出力のシガーソケット型を含むDCポート3口を搭載し、最大8台のデバイスを同時に充電・給電できるポータブル電源。「AC」「USB」「12V」の各出力ボタンを長押ししてランプが点灯すると、そのポートから給電が可能になります。

大きく見やすいLCDディスプレイは、入力と出力のパワー、バッテリー残量、電池温度や冷却ファンの動作状態、過負荷状態を表示。AC出力は「画面表示」ボタンと「AC」ボタンを同時に長押しして周波数が切り替えられ、現在の周波数が50Hzか60Hzかをディスプレイ上に表示します。

容量は78000mAh(280.8Wh)で、重量は3.75kg。ハンドルを片手で持って手軽に移動できるので、アウトドアや災害時に活躍します。ポリカーボネートとABSを使用した筐体は、耐燃性規格UL94-V0を取得している点にも注目。「接炎の後も、10秒以上燃焼を続けない」ことが証明されているそうで、キャンプ場や災害現場でも安心して使用できるのは魅力です。

黒地にオレンジをアクセントに使った本体カラーは、初回ロットのみの限定カラー。洗練された印象がありつつ、暗い場所や屋外でも見つけやすいのがポイントです。

非常時を想定して、いろいろデバイスを給電してみました。ACからノートPCの電源を供給すると出力は4W程度。ノートPCのバッテリー残量にもよりますが、この状態で70時間は電源供給できるという計算になります。圧倒的な安心感……!

さらにUSB-Cポートからスマートフォンを急速充電し、USB-AポートからiPadを充電すると出力は合計13W程度に。5000mAh容量のスマートフォンなら15台以上、iPadなら8台以上をフル充電にできるので、複数デバイスの充電も安心です。

Quick Charge対応のUSB-Aポートからモバイルバッテリーも充電。24W程度の出力になりました。ざっくり見積もってこの状態で10時間以上は給電できる容量があるので、災害時に停電があっても、復旧するまである程度テレワークをこなすことはできそうです。非常時に在宅避難ということがあっても、たとえば家族4人分のスマートフォンを充電しながらACで随時、ノートPCや照明に給電して日常生活を守ることができます。

本体の充電は、付属のACアダプターからのDC入力、ソーラーパネル、カーチャージャー、USB-CポートからのPD給電が利用可能。DC入力ポートは最大72Wの入力に対応します。本体を充電しながらUSBポートから給電するパススルー給電にも対応。非常時に備えて本体はフル充電の状態を保ちつつ、USB電源として活躍します。

ACアダプターとPD給電は併用できるので、60W出力のUSB充電器を使えば2系統で最大132Wの充電が可能に。約2~3時間でフル充電できます。通常はACのみで7時間かかる充電時間を大幅に短縮できるので、災害が発生して急きょ備えが必要なケースにもすぐ対応できる安心感があります。

付属のポーチにはACアダプターとシガーライターケーブルを収納。本体とセットで保管や持ち運びに利用できます。

出力ポートが充実していながら直観的に使いやすく、初めてのポータブル電源として最適な1台という印象を持ちました。今後はFREEMANシリーズとして最大10台のデバイスを給電・充電できる614.4Wh容量の「FREEMAN 500」、最大8台を給電・充電できて224.64Wh容量の「FREEMAN 200」をラインアップする予定ですが、ポート数・容量と価格のバランスがとれた購入しやすいモデルがFREEMAN 300と言えそうです。

ポータブル電源なら超軽量・大容量バッテリーのaiper(アイパー)
https://www.aiper.jp/

楽天市場店:https://item.rakuten.co.jp/aiperjapan/aiper-freeman300/
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B081GRQMCG?ref=myi_title_dp

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧