「防災×RPG」!? 異色の組み合わせ、家族で楽しめる防災本『防災クエスト』

access_time create folder生活・趣味

「防災×RPG」という異色の組み合わせの書籍が発売された。その名も『防災クエスト』(小学館)。RPGとはもちろん、ロールプレイングゲームのこと。RPG的にミッションを攻略し、レベルを上げていくという防災本なのだ。

楽しみながら「防災」を学ぼう!『防災クエスト』

今年(2021年)は、東日本大震災から10年という節目の年。それだけでなく我々は昨今、台風や豪雨など、さまざまな災害に見舞われている。日々、不安を感じているという人も少なくないだろう。ただ『防災クエスト』著者であり、国際災害レスキューナースという仕事に携わる辻直美さんは、「災害は怖いけど、防災はおもしろい」というテーマを提唱している。

多くの人は防災を難しく考えすぎ、自分でハードルを上げている側面があると感じているのだと辻さんは言う。防災を真面目に捉えすぎず、遊びだと思って取り組むことが大切。そこで『防災クエスト』では、防災へのハードルを下げ、家族全員がゲーム感覚で取り組めるよう、RPG要素が取り入れられている。

その内容は、13の「防災ミッション」をマンガ形式で紹介。家族で協力してミッションを攻略、レベルを上げ、家族を守る“防災勇者”を目ざすというもの。防災を楽しく、気軽に学ぶことができるという。『防災クエスト』は、発売中。価格は1200円(税抜き)となっている。

著者・辻直美さんコメント

「私の考える防災は、日常の延長にあるものです。だから、だれにでもできる。子どもにも高齢者にも、普段はなかなか家事に協力しないパパにだってできる(笑)。家の中にあるものでできて、しかも簡単。やろうと思えばすぐ始められる。この気軽さがポイントです。だから私の考える防災は、ハマるとめっちゃおもろいんです」
(※本文より抜粋)

防災クエスト | 小学館:
https://www.shogakukan.co.jp/books/77803562[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧