セカオワ深瀬、謎の美女と“イチャイチャ動画”を流してしまいファン激怒 「誰なんだ!」「海外旅行してた!?」

access_time create folderエンタメ
セカオワ深瀬、謎の美女と“イチャイチャ動画”を流してしまいファン激怒 「誰なんだ!」「海外旅行してた!?」

なぜ、配信したんでしょうか…?

SEKAI NO OWARI・深瀬さんが21日、謎の女性とインスタライブを配信。その親密な雰囲気に、ファンから「とんでもないもの見てしまった」「公開インライデート見せられてるの?」といった批判の声が寄せられていました。

【動画を見る】セカオワ深瀬を「さとちゃん」と呼ぶ女が登場しファンを世界の終わりへ【心して!】

この日、西村みずほさんという女性とともにインスタライブを配信した深瀬さん。お互いに“さとちゃん”“みっちゃん”と呼び合う仲で、かなり親密そうな様子でした。過去に何度か遊びに行くこともあったといい、深瀬さんが「一人旅」と称して行ったNY旅行も、実は西村さんと一緒だったと明かしています。そして、その思い出を2人で楽しそうに語っていたのですが、酔っていろいろと暴露する深瀬さんに同居人がストップをかけたため、深瀬さんはそのまま退場。

その後、西村さんが1人で配信を行いますが、2人のやりとりに不満を抱いたファンから批判のコメントが寄せられ、それを見た西村さんは『ごめんなさいね、気分悪くしちゃったかな』『普通の友人とお話する感覚でしゃべっちゃった』『コラボしちゃいけないんですね、知らなかったです』などと釈明していました。

しかし、これがファンの怒りを煽る結果となっているようで、Twitterなどでは「深瀬がインスタライブ珍しいと思って見たらとんでもないもの見てしまった。あの女やば」といった声をはじめ、

関連記事:ユッキーナと二股かけられて激怒!? 加藤綾子の破局報道に謎は深まるばかり… 関係者たちが語る「業界では有名な話」を聴いた | TABLO

「さとちゃん・みっちゃん呼びだし、あれ楽しかったねとかもう2人の世界だし、NYは深瀬くんは1人旅って言ってたのに西村さんがSNSアップしてバレたとか言ってて何? 付き合ってるの? 公開インライデート見せられてるの?」

「いや、深瀬くんが色んな女の人と関係持ってたりインスタライブする分にはいいんだけどさ、マウントとってる感すごいしその上批判されたら天然感出したりする感じがちょっと受け入れられなかった」

「“コラボしちゃダメなんですね、知らなかったですぅ”ではないねんな…みんなが炎上してる論点そこじゃないねん笑」

「深瀬は酒でやらかすの何回目ですか、学習してください」

といった声が寄せられ、いまもなお批判の声が相次いでいるようです。(文◎絹田たぬき)

あわせて読む:田中みな実は胸の先端まであざとい!?  写真に写った胸の膨らみは果たして…?  真偽を巡って男たちが大論争! | TABLO


関連記事リンク(外部サイト)

「松本人志を表示しない方法を教えて」 Amazonプライムが300円お詫びクーポン券発送
日テレ24時間テレビに重大なヤラセ疑惑 タイで行った“東日本大震災の死者を弔う祭り”は金を払って人々を集めたデッチ上げだった!
タピオカ・ミルクティーを飲み続けた結果、死を覚悟した女性 今から恐ろしい話をします

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ
local_offer
TABLO

TABLO

TABLOとは アメリカが生んだ、偉大な古典ミステリーの大家レイモンド・チャンドラー作品の主人公フィリップ・マーロウの有名なセリフがあります。 「強くなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない」 人が生きていく上で、「優しさ」こそ最も大切なものであることを端的に表現した言葉です。優しさとは「人を思いやる気持ち」であり「想像力を働かせること」です。弱者の立場に立つ想像力。 「人に優しく」 これは報道する側にも言えることだと思います。 現在、ヘイトニュース、ヘイト発言、フェイクニュースがネットの普及に従い、増大しており、報道関係者の間では深刻な問題となっています。そこには「人に優しく」という考えが存在していません。 なぜ、ヘイト(差別)ニュースがはびこるのか。「相手はどういう感情を抱くのか」という想像力の欠如がなせる業です。ヘイトによって、人は人に憎悪し、戦争が起き、傷ましい結果をもたらし、人類は反省し、「差別をしてはならない」ということを学んだはずです。 しかし、またもヘイトニュースがはびこる世の中になっています。人種差別だけではありません、LGBT差別、女性差別、職業差別等々、依然としてなくなっていないのだな、ということは心ある人ならネットの言論にはびこっていることに気づいているはずです。本サイトはこのヘイトに対して徹頭徹尾、対峙するものです。

ウェブサイト: https://tablo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧