究極の丼「両面目玉焼き丼」を作る方法とは? 「周りカリカリ、中は半熟未満でトロトロ」「濃厚な卵かけご飯」

access_time create folderグルメ

ホカホカご飯にとろーり半熟の目玉焼きをドン!

「両面目玉焼き丼」は、忙しい朝にぴったりのレシピですよね。

料理コラムニスト、山本ゆりさんが、ご自身の中で究極の丼「両面目玉焼き丼」をレシピ投稿。作り方をご紹介します。


山本ゆり(@syunkon0507)さんのレシピツイート。

作り方を見ていくと、

・フライパンに油を大さじ1弱入れ中火で熱々に。卵を割り入れ塩をふる。
・周りが狐色になったら(黄身も白身の中心もまだ生)ホッ!と裏返し、10〜20秒で熱々ご飯の上にのせる

レシピのコツは「勢いが大事」とのこと。

とろーり半熟の黄身とカリカリ白身卵のコンビネーションは最高!

また、


「何を食べても死ぬ前に食べたいのは結局目玉焼き丼」「割ってすぐ塩をふって焼いて、仕上げに醤油かだし醤油」と、山本ゆり(@syunkon0507)さんのコメント。

Twitter上では


この目玉焼きの下に納豆があると最高
でもこのシンプルさでうまいから勝てない


これをバター塗ったトーストに乗せるのも大好きです🎶
私は塩コショウ振りかけます😊


朝から至福のひと時でした🥚🍳🍴⑅*॰ॱ

「この目玉焼きの下に納豆があると最高」「朝から至福のひと時でした」「これをバター塗ったトーストに乗せるのも大好きです」といった声が寄せられていました。

※画像提供:
山本ゆり(syunkon レンジは600W) (@syunkon0507)さん
https://twitter.com/syunkon0507

access_time create folderグルメ
ペリメニ

ペリメニ

2017年からネットウォッチャーを始めた新米女性記者。モチモチは正義。

ウェブサイト: https://getnews.jp/archives/author/perimeni

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧