軽い飲み口のスタウトで大人のバレンタインはいかが? コーヒー好きにもオススメの季節限定醸造「ヴァレンタイン・スタウト」

access_time create folderグルメ

東京ディズニーリゾート内の商業施設「イクスピアリ」では、2月14日のバレンタインに向けてチョコレートギフトをはじめ、さまざまなバレンタインギフトが登場していますが、毎年静かな人気を誇っているアイテムが、舞浜の地ビール「ハーヴェスト・ムーン」のバレンタイン・ヴァージョンだそうです。さっそく取材しました。

■公式サイト:https://www.ikspiari.com/harvestmoon/ [リンク]

■関連記事:【舞浜ごはん道】シリーズまとめ

そもそもハーヴェスト・ムーンとは、イクスピアリ4Fにある地ビール工房で造られている舞浜の地ビールのことです。このハーヴェスト・ムーンは、イクスピアリと同じ2000年に誕生。それ以来、国内外のコンペティションで受賞を重ね、ニュースにもなっていますよね。日本にわずかしかいないビアテイスターの最高位資格「マスター・ビアジャッジ」の称号を有するビール職人が、ゆっくりと時間をかけて造り上げています。

そのハーヴェスト・ムーンが、「ヴァレンタイン・スタウト」を数量限定で醸造。ビターチョコレートを思わせるフレーバーが特徴の、アルコール度数を4%に抑えた軽い飲み口のスタウトで、毎年この時季に販売する限定ラベルの「ヴァレンタイン・ピルスナー」とともに、大人のバレンタインとしてファンの間では高い支持を得ているビールなのです。

そこで今回、イクスピアリさん、ハーヴェスト・ムーンさんのご好意で、イクスピアリ4Fにある地ビール工房にて取材をすることができました!

この道20年以上のベテラン職人の醸造者・園田さんによると、「ヴァレンタイン・スタウト」は、ローストバーレイ(麦芽にしていない大麦をローストしたもの)と、アメリカンホップ「シムコー」を使用することで、フルーティーなビターチョコレートのようなフレーバーになるそうです。

実は「ヴァレンタイン・スタウト」は元来、そのコンセプトからチョコに合うビールがテーマのため味を変えていなかったのですが、生誕から20周年ということもあり、アルコール度数を従来の7%から4%に。「ボディーがしっかりしているので、チョコに合うテイストはそのままに、飲み進めていくと軽さを感じると思いますよ」(園田さん)。

実際、筆者は黒ビールが得意ではないのですが、「ヴァレンタイン・スタウト」を試飲させていただいたところ、確かに軽くて飲みやすかったです。黒ビール特有の口の中に広がる独特の甘苦い(?)味わいは薄めで、試飲とはいいながらグラスを飲み干してしまいました。「黒ビールが苦手な方は多いのですが、コーヒーがお好きな方にはヴァレンタイン・スタウトをおすすめしています。昔ながらのスタウトは甘くて苦いものが多いけど、これはコーヒー好きにはぴったりです」(園田さん)。

なお、ヴァレンタイン限定ラベルの「ヴァレンタイン・ピルスナー」も同時に発売となっているほか、イクスピアリ オンラインショップでは「ヴァレンタイン・スタウト」「ヴァレンタイン・ピルスナー」に加え、EC限定「ヴァレンタイン・ポーター」を加えた「ハーヴェスト・ムーン ヴァレンタイン3本セット」を数量限定で販売しています。

黒ビールは注ぎ方によっても味が変化するという、繊細な側面もあるそうで奥が深いですね!大切な人への贈りもの、自分へのご褒美にでも、ぜひ「ヴァレンタイン・スタウト」を試してみてはいかがでしょうか。

■販売時期
1月18日(月)~なくなり次第終了

■主な販売場所
・イクスピアリ1F成城石井
ヴァレンタイン・スタウト、ヴァレンタイン・ピルスナー
ボトル販売 各税抜450円

・イクスピアリ4Fロティズ・ハウス
ヴァレンタイン・スタウト
グラス提供 税抜690円
ヴァレンタイン・スタウト、ヴァレンタイン・ピルスナー
持ち帰りボトル 各税抜450円

・イクスピアリ オンラインショップ(楽天市場/Yahoo!ショッピング)
「ハーヴェスト・ムーン ヴァレンタイン3本セット」
税抜1,560円/税込1,716円

(執筆者: ときたたかし)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧