イオンシネマで上映中の映画「1日観放題」フリーパスポート登場が話題に 「昭和に戻った」「1日8プペいける」

access_time create folder映画

30日(土)、イオンシネマは公式SNSを更新。1枚2500円で上映中の映画が「1日観放題」になる(一部除外作品、別途料金が必要な作品はあります)ワンデーフリーパスポートの販売をアナウンス。この大盤振る舞いとも受け取れるイオンシネマの施策に、驚きや賞賛の声が上がっています。


国内最多の「イオンシネマ」92劇場785スクリーンを展開するイオンエンターテイメント株式会社と言えば、昨年12月24日(木)にリニューアルオープンした「イオンシネマ市川妙典」にて、全座席間に飛沫対策のパーテーションを設置するシアターを設けたことでも話題に。

■関連記事:リニューアルの「イオンシネマ市川妙典」が、全座席間に飛沫対策のパーテーションを設置!「集中して鑑賞したい人には朗報」「コロナが収束しても続けてほしい」 [リンク]

今回のワンデーフリーパスポート代には対象ドリンク飲み放題も付帯しており、2500円で1日映画とドリンクが楽しめることになっていて、

■告知ページ:https://www.aeoncinema.com/cinema/info/l3/Vcms3_00016549.html?link=slide02 [リンク]

これを受け、すでに「昨日早速4本観ました!」というユーザーが現れたほか、「夏にやった時は6本見てドリンクも飲み放題で最高でした!」「イオンシネマ正気か」「飲み放題つきは寝ててもお得」などと、前回も利用したという報告や、初めて同施策を知ったという声も。今のような座席指定制が主流ではなかった頃の時代みたいだとして、「昔はこれが普通だった」「昭和にもどってらぁ!」という声もありました。

また、何度も鑑賞が可能とうことで、先日吉本興業を退社することになった西野亮廣さんの『映画 えんとつ町のプペル』を何度も観る行為を指して「1日8プペいけるやん」という声もあり、イオンシネマのワンデーフリーパスポートは、さまざまな界隈で今後も話題になりそうです。

■関連記事:西野亮廣さん「吉本興業を卒業しました」「オラオラ喧嘩して辞めるわけではなく、お互いプラスになるような形を探った結果です」 [リンク]

(執筆者: ときたたかし)

access_time create folder映画
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧