『半妖の夜叉姫』犬夜叉と殺生丸の過去が明かされ反響「お嫁さん確定おめでとう!」「ありがとう公式」一部ファンから「解釈違いでござるぅううう!!」と悲痛な叫びも

access_time create folderエンタメ

読売テレビ・日本テレビ系にて毎週土曜夕方5時30分より絶賛放送中の犬夜叉と殺生丸の娘たちが活躍するTVアニメ『半妖の夜叉姫』の第15話で、ついに殺生丸の娘たちの母親が判明し、話題となっています。

※SNSなどでは出ていますが、本編のネタバレがあるためご注意ください。

本作は、高橋留美子先生原作の『犬夜叉』に登場した殺生丸と犬夜叉の娘たちをメインキャラクターとしたオリジナルストーリーで構成する新しい物語。アニメーション制作は、アニメ犬夜叉シリーズに引き続き、株式会社サンライズが手掛け、監督は佐藤照雄氏(『犬夜叉 完結編』副監督を担当)など、アニメ犬夜叉シリーズを手掛けたスタッフが再集結しています。

アニメ化決定時から注目を集めていたのは、殺生丸の娘の母親は誰なのか?ということ。娘たちは半妖なので母親は人間ということになるのですが、殺生丸は半妖嫌いのはずだったのに……。これまで明かされていなかった過去が、1月16日に放送された第15話で明らかに!


第15話放送直前|140秒でわかる半妖の夜叉姫
https://youtu.be/LM0Va4sgWMY

珊瑚の娘である金鳥と玉兎が「楓様、早く!」「りん様の子が生まれちゃうよ」と楓ばあちゃんを急かすところから始まり、ついに殺生丸の双子の娘“とわ”と“せつな”を出産したのが、『犬夜叉』で殺生丸が命を助け、旅をともにしていた人間の少女「りん」だということが判明。きちんと「とわとせつなの母 りん」とテロップで紹介されました。

そして、狙われている危険から守るため、殺生丸がりんから双子を引き離し、邪見が育ての親を引き受けたことや、犬夜叉とかごめの娘“もろは”もまた、妖狼族の鋼牙の元で育てられたこともわかりました。

この展開に、

・控えめに言っても今日の夜叉姫神回すぎる
・りんちゃんが双子のお母さんで殺生丸様の奥さん…分かってたけど文字で出てきて改めて感動した 情報量多くて整理しきれてないけど犬夜叉とかごめも(無事じゃないかもだけど)生きてると思うから本当に良かった…! OPの姫達の後ろに両親居る所とか最高過ぎ…来週も絶対面白いから楽しみ!!
・りんちゃんお嫁さん確定おめでとう!
・訳わかんないキャラクターとか出てこなくて良かったー
・殺生丸は口に出さないだけで、犬かごの事助けてるし、りんちゃんと信じ合ってるし、あぁ~尊すぎる… もろは鋼牙達に育てられたって萌えるわ…
・せつなととわのお母さんがりんで良かった…
・殺生丸のお嫁さん、りんで確定した…ありがとう公式…
・あの守るべきものが無かった殺生丸様に守るべき存在ができた。ってだけで泣いてます。
・殺生丸一行の絆の強さに咽び泣きそう
・りんちゃん以外の人間と結婚なんてって思ってたから嬉しいよ、なんか安心した

と喜びの声で溢れています。

しかし、殺生丸は『犬夜叉』当時から女性人気が高く、今回のアニメ化にも動揺していた一部のファンからは、

・先週の汎用の夜叉姫を見ているのだが本家アニメが解釈違いでつらい  殺生丸様が卵産んでりんちゃんが温めてたのかもしれんやん!
・殺生丸とりんが恋愛関係にあるのはちょっと解釈違いなんだよね。
・相手がりんでも解釈違いで、りんじゃなくても解釈違いだからこの設定が走り出した時点で私の中ではモゴモゴ
・殺生丸様好きだから犬夜叉見たいけど公式との解釈違いが辛い
・殺生丸からりんへの感情って親子愛に近いものだとずっと思ってたから1人の女性として見たっていうのが未だに信じ難い 毎週夜叉姫観るたびに解釈違いで勝手にダメージ受けて苦しい
・ああああああああ!!殺生丸の子供がりんとの子供が確定したぁあああああああ!!解釈違いでござるぅうううううう!!ああああああああ!!でも殺生丸の子供ならりんであって欲しいし、りんの子供なら殺生丸であって欲しいけど…違うんだぁあああああああ!!この2人はもっと高次元的な絆で結ばれ…

と、悲痛な想いも見受けられます。

第15話はTVerで見逃し配信中。順次動画配信サービスでも配信されます。


第15話放送直前|半妖の夜叉姫 スペシャルPV
https://youtu.be/dWkeLTHfZlE

関連記事:
『犬夜叉』続編アニメ“殺生丸の娘の話”にオタク大混乱!母親は誰!?「りんちゃん以外あり得ない派」「りんちゃんは親子」まさかの邪見派・単為生殖説まで
https://getnews.jp/archives/2534236

犬夜叉オールスター総出演で歓喜!『半妖の夜叉姫』第1話に「犬夜叉第168話だった」「続編見れるとかマジで神」「懐かし過ぎて泣けてきた」と反響
https://otajo.jp/92518[リンク]

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧