片岡愛之助が目の前に!自宅で「歌舞伎」の観劇体験ができる無料ARコンテンツ

access_time create folder生活・趣味


エンタテインメントと先端技術を掛け合わせた「未来の観劇体験」をテーマにしたアプリ『INTO by Shochiku』が松竹から登場!

同アプリ内で楽しめるAR歌舞伎コンテンツ『Reverse Reality ~KABUKI Performance “Shakkyo”~』が、1月15日(金)よりリリースされる。

新しい歌舞伎のカタチが誕生

新型コロナウイルスの感染拡大により大ダメージを受けた、歌舞伎などの演劇業界。そんななか、歌舞伎を“だれでも・どこでも”体験できる、エンターテイメントとしての新たな歌舞伎のカタチが誕生した。

片岡愛之助さんが獅子の舞踊を披露

伝統芸能・歌舞伎とAR(Augmented Reality:拡張現実)技術の融合により、歌舞伎の新たな楽しみ方を体験できるAR歌舞伎コンテンツ『Reverse Reality』。


同コンテンツではスマートフォンやタブレットのカメラ越しに、歌舞伎俳優・片岡愛之助さん扮する獅子が現れ、約6分間の舞踊を披露。


AR技術を用いることで、体験者のいる場所が“舞台”となり、目の前で歌舞伎俳優の演技や、蝶・牡丹が舞う空間演出を楽しむことができる。

360°の自由な視点から楽しめる

同コンテンツは、歌舞伎舞踊の『石橋(しゃっきょう)』を題材としていて、獅子が毛を大きく振る場面が見どころ。ARの立体的な映像表現との親和性が高く、実際の舞台公演にも劣らない躍動感と迫力を表現している。

歌舞伎俳優の表現は、実際の歌舞伎俳優を撮影した映像から3Dデータを生成。勇ましい表情や美しい毛の流れといった細部まで再現され、360°の自由な視点から楽しむことが可能だ。


また同アプリでは、PCやタブレットで配信される特別な背景映像と合わせて観劇する楽しみ方も用意。こちらは1月中旬発表予定となっている。

歌舞伎をより多くの人に楽しんでもらいたい

若い世代で、劇場で歌舞伎を観劇することにハードルの高さを感じていた人、そもそも歌舞伎に興味を持っていなかった人なども含め、多くの人がこのアプリを通じて歌舞伎の魅力に触れ、「今度は生の舞台を観てみたい!」と思って欲しいとの想いが込められている。

アプリ『INTO by Shochiku』およびコンテンツ『Reverse Reality ~KABUKI Performance “Shakkyo”~』は、無料でダウンロードできるので、気軽にAR歌舞伎を楽しんでみては。

access_time create folder生活・趣味
ストレートプレス

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧