「Boogie Board」にコンパクトなA6手帳サイズの「BB-14」が登場 書き込んだ内容をスマホに画像で保存できるスキャンアプリもリリース

access_time create folderデジタル・IT

液晶画面に繰り返し書いて消せる手軽さが人気の電子メモパッド「Boogie Board(ブギーボード)」シリーズに、A6手帳サイズと同等の6インチ画面を搭載した新モデル「BB-14」が登場。キングジムが1月20日に発売します。価格は3200円(税別)。

本体サイズは約W105×H148×D5.5mm。重量は約75gと軽量で、リチウムコイン電池1個で約3万回の書き換えが可能。キイロ、ミドリ、ネイビー、クロ、シロの5色をラインアップします。

本体裏にはマグネットを内蔵し、デスクやホワイトボード、冷蔵庫のドアなどに貼り付けて使用可能。裏面には定規の目盛がレーザー刻印されていて、14cm以下の物のサイズを測ったり、直線を引く定規代わりにも利用できます。

1月7日には、従来のBoogie Boardも含め使えるスキャンアプリ「Boogie Board SCAN」を、iOS/Android向けに無料で配信開始。Boogie Boardに書いた内容をスマートフォンのカメラで読み取るだけで、自動補正した画像として保存できます。保存したデータにテキストを追加したり色をつける編集機能も搭載。画像はフォルダで管理したり共有することもできます。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧