ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 【動画】映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のすべての予告編をひとまとめにしたスーパーカット版が公開
  • 福士蒼汰――ガジェット男子 映画『BLEACH』黒崎一護
  • エレン・デジェネレス、トランプ大統領の入国禁止令に映画『ファインディング・ドリー』で反論
  • 広瀬アリスと竹内力が親子役って遺伝子の謎だね! 『銀の匙 Silver Spoon』はサブキャラにも注目
  • 『トランスフォーマー』のスピンオフ映画『Bumblebee(原題)』の監督に、『Kubo and the Two Strings(原題)』のトラヴィス・ナイトが就任
  • アイアンマンが世界を滅ぼす? 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』日本版ポスター公開
  • 【映画クロスレビュー】壮大すぎるスーパーヒーロー大戦! 新キャラの存在感もバッチリ『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
  • 竹中直人が感じる『キャプテン・アメリカ』の魅力「ただ強いだけじゃなくて影がある所が良い」
  • 伝説のバレリーナ「ロパートキナ」はどんな女性だった? 同級生が語るその素顔
  • 【ネタバレ注意】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』アクバー提督の勇姿:本編映像
  • インド菓子“ジャレビ”はクセになる甘さ! 人気インド料理店「ムンバイ」スペシャルメニュー
  • アッコちゃんの「魔法のコンパクト」がキュートなキーホルダーに
  • 【写真】第88回アカデミー賞:候補者ポートレート
  • 【動画】アニメ映画『ファインディング・ドリー』、両親を探すドリーの心温まる新トレーラーを公開
  • エヴァ・デュヴァネイ、映画版『A Wrinkle in Time(原題)』の監督に決定
  • ギレルモ・デル・トロの映画版『だれかが墓地からやってくる』、映画『LEGO(R)ムービー』の脚本家を起用

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

とっとこハム太郎がTwitterに誤爆! 「『ニートの名言』大募集!」とつぶやき即削除

人気漫画・アニメの『とっとこハム太郎』の公式Twitterアカウントに先ほどとんでもないツイートがされ、ネット上で騒然となっている。@tottokohamutaroで「へけ~のだ!」の口調で毎回つぶやくハム太郎のつぶやきに突如投稿されたのは次のような内容。

“新投稿コーナー「ニートの名言」大募集!「明日から本気出す」的な素晴らしい負け犬の言い訳、、、ではなくて、悟りを開いた哲学的な明言をお待ちしております。長くても短くても構いません。優秀作品には、2/19(火)放送のガガガ生放送で発表!リプライで応募まってるヨ!(ガ)”
(原文ママ)

いつもの口調とは違いフォロワーも様子がおかしいと気づいたのか、これは別の告知であったのだ。文面から察するにガガガ生放送という番組の告知。同番組を検索するとニコニコ生放送の番組がヒットし『ガガガ放送局』というのが2月19日に放送予定となっている。告知には「ニートの名言」の事は書かれていないが、この番組内で使う予定なのだろうか。

投稿された上記の誤爆ツイートはものの数分で削除され、現在は閲覧出来ない。しかしフォロワーが20万人近くいる『とっとこハム太郎』のTwitter。タイムラインに流れて来て発見した人も数十人、もしかしたら数百人居たはずだ。現にネット上で騒ぎになっており削除されたツイートも保存されている。

Twitterの誤爆が相次いでいるが、最も怖いのはダイレクトメッセージとツイートの誤爆ミスである。過去に芸人の宮川大輔が自身の個人情報をダイレクトメッセージで送るつもりが誤ってツイートしてしまい大拡散。また、モデルの梨花が急に暴言ツイートを行ったと思ったら即削除するという出来事もあった。
このように自分にあった、使いやすいツールを選ばないと誤爆に陥ってしまうのである。

今後もTwitterの誤爆事件は減らないだろう……。

関連記事:モデルの梨花がTwitterで突然の暴言→しかし即刻削除される DMを誤爆?

※画像はTwitterより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。