百田尚樹さん「M1グランプリ、最後の決勝戦から見た。三組の漫才見たけど、全然笑えなかった」ツイートに反響

access_time create folderガジェ通

12月20日、漫才日本一を決める大会「M-1グランプリ」の決勝が行われた。テレビ朝日で放送され、最終決戦には「見取り図」「マヂカルラブリー」「おいでやすこが」が進出し「マヂカルラブリー」が優勝に輝いた。
作家の百田尚樹さんは、22時頃にTwitterにて

M1グランプリ、最後の決勝戦から見た。
三組の漫才見たけど、全然笑えなかった。
多分、私の笑いのセンスがないんやろう。

とツイートを行う。反響を呼び、「昨年が凄かった」「漫才と言えるのか疑問」といったような返信が寄せられていたようだ。
百田さんはその後

こんなん言うたら怒られるけど…
わしの講演の方が面白いと思う

とツイートを行っていた。
冒頭のツイートに対し、他のユーザーから
「百田さんは天才だけど笑いのセンスはないと思う。」
という返信が寄せられ、それに対して

そうですか。
ただ、私はもともとお笑いの構成作家です。
「探偵!ナイトスクープ」を立ち上げから32年、チーフ構成でやってます。

と返答を行う。また、
「去年のミルクボーイの時はどうでした?」
という質問も寄せられ、それに対して

去年のミルクボーイは、腹かかえて笑いましたね。

と返答のツイートを行っていた。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderガジェ通

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧