『シン・エヴァンゲリオン劇場版 』の「スタジオ内での全ての撮影・編集作業が終了!」と(株)カラーがTwitterで報告

access_time create folder映画

最新作で完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開を、2021年1月23日に控える中、「エヴァンゲリオン」シリーズを制作する「株式会社カラー」のTwitterにて「全ての撮影・編集作業が終了」したことが明らかになった。

株式会社カラーの情報を伝えるアカウント「(株)カラー 2号機 (@khara_inc2)」は、「シン・エヴァンゲリオン劇場版 2020年12月17日午前8時10分 スタジオ内での全ての撮影・編集作業が終了! 社内で待機していた全セクションへ庵野監督が直接、終了の報告と労いに周り、しばし無事に終わった喜びに沸きました」と投稿。

https://twitter.com/khara_inc2/status/1339355724669808640

続けて、「これは『 シン・エヴァ』ダビング最終日に庵野監督が撮った、お客さんが目にすることはないけれど作品の最後の画のコマです。尻ブツ(ケツブツ)と言うらしいです。」など、中の人らしい貴重な豆知識を投稿している。

全ての作業が終了したというお知らせに対し、ファンからは

・公開が待ち遠しいです!
・これで作品が最後になってしまうのはとても残念ですが、心から敬意を表します
・楽しみと寂しさが入り混じっています
・前作を4DXで観ながら待機しております!

と興奮しきり。海外からのコメントも目立ち、エヴァンゲリオンの人気の高さを改めて感じる投稿となった。

※画像はTwitterより引用。

access_time create folder映画
プラム

プラム

アイドルとおもしろ動物好きのアラサー記者。ライブ参戦は時々、ネットウォッチは毎日。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧