日本画風に描かれた竈門炭治郎が話題に「掛け軸にして床の間に飾りたい」「全キャラ描いて屏風にしてほしい」

access_time create folderエンタメ

12月4日にコミックス最終巻となる23巻が発売され、ますます話題沸騰中の漫画「鬼滅の刃」(集英社)。

個性的な登場キャラクター達がそれぞれ大きな支持を受け、コスプレや二次創作が盛んなことがこの作品の特徴だが、今SNS上では日本画風に描かれた竈門炭治郎が大きな注目を集めている。この炭治郎の作者はイラストレーターの村田涼平(@R_murata)さん。

https://twitter.com/R_murata/status/1334845033564917763?s=19

「娘の要望で描いてた竈門少年仕上がった。」

宙に舞う躍動感、はためく着物、「水の呼吸」の美しい剣技……独特の風情あふれる迫力に満ちたこの作品に、Twitter上では数多のコメントが寄せられている。

「日本画ですか?すごく素敵です!
刃の辺りの水の表現とか綺麗ですね」
  
「この作画で戦闘シーン読んでみたい」
  
「意表を突かれました!でも素敵です」
  
「素敵な画風ですね
一目でファンになりました!」
  
「素晴らしい!実に実に素晴らしい!
日本画の技法の良さを改めて知らされた気がします。」
  
「す、凄い!!
国宝級の美しさ」
  
「掛け軸にして床の間に飾りたいです」
  
「これは全キャラ描いて屏風にしてほしいなw」

この炭治郎は村田さんが以前、月岡芳年などを参考にして描いた装画をアレンジして、和紙にアクリル絵画で制作したということ。なんとも魅力あふれる作品だが、村田さんのTwitterアカウント上で紹介されている他の作品たちも大変味わい深い。ご興味のある方はぜひチェックしていただきたい。

※画像提供:村田涼平(@R_murata)さん

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧