大統領選の州別勝敗地図を使ったジョークが出回る トランプ大統領の息子が投稿したのは……

access_time create folder政治・経済・社会

アメリカ大統領選挙に関連したニュースで必ず登場するのが、州ごとに共和党候補(赤)が勝ったのか民主党候補(青)が勝ったのかが一目でわかる勝敗地図(Electoral College Map)です。

大統領選挙の開票が進む中、Twitter上では州別勝敗地図を使ったジョークが出回っています。


https://twitter.com/AndyGold24/status/1323708958553550849

「まともなピザがある州全てでバイデン(青)が勝った時の州別勝敗地図はこうなる」


https://twitter.com/craigcalcaterra/status/1323733937554935809

「ボクがスピード違反の切符を切られた州のみトランプ(赤)が勝った場合の州別勝敗地図」


https://twitter.com/toriimacdaddy/status/1323496738217369600

「(ラッパーの)リュダクリスの愛人が住む地域の市外局番を含む全ての州でバイデン(青)が勝った時の州別勝敗地図」


https://twitter.com/DonaldJTrumpJr/status/1323625920595451904

ちなみに、トランプ大統領の実子であるドナルド・トランプ・ジュニアさんが予想した州別勝敗地図はこうなっています。世界中ほとんどの国が共和党の赤になっています。投稿主にとってはジョークなどではなく100%ガチのようです。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/toriimacdaddy/status/1323496738217369600

(執筆者: 6PAC)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧