「コナン最終回」がTwitterのトレンドに 「録画失敗」「あの漫画がついに……?」とSNSが騒然

access_time create folderエンタメ

11月1日深夜、NHKでアニメ「未来少年コナン」の最終回が放送された。1978年に放送された宮崎駿監督作品のデジタルリマスター再放送ではあるが、今でも色褪せることのない名作との評価を受けているだけあって、放送時はSNSで毎回話題となる。一部で「今期覇権アニメ」とも呼ばれるほど人気を博していたようである。

多くの方が楽しみにしていたであろう最終回の放送だが、いわゆる「大阪都構想」住民投票の開票速報番組が急遽ずれこんだために番組表(EPG)の更新も間に合わず録画を失敗したという人が続出したようである。

関連記事:
未来少年コナン最終回が…録画失敗の悲鳴ネットにあふれる 都構想ニュース延長で(デイリースポーツ)
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/11/02/0013833326.shtml[リンク]

アニメ最終回の録画失敗といえば、ビデオデッキが主流の時代に「カードキャプターさくら」の放送に大相撲中継がずれ込んだために起こった「武蔵丸の悲劇」が今なお語り継がれている。今回その悲劇を思い出した方も多かったのかSNSではそのワードが散見されていた。

また、「コナン最終回」というワードがTwitterのトレンド入りしていたのだが、「名探偵コナン」が最終回をむかえるのか? と思った方もかなりの数にのぼったようで、その旨を書き込む方もいてかなりカオスな状況となっていたようである。

「未来少年コナン」の録画を失敗したという方については、Amazonプライムで観ることが可能なのでとりあえずチェックしてみてはいかがだろうか。

※画像は『いらすとや』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧