ジョージ・ルーカスの夢を実現させた『マンダロリアン』 大切にしたのは続編ではなく“ルーカスのビジョン”

access_time create folderエンタメ

現在配信中の『マンダロリアン』シーズン2。名匠ジョージ・ルーカスが生み出した『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した人気キャラクターのボバ・フェットに続く新たな賞金稼ぎ“マンダロリアン”を主人公にフォースの力を秘めた子ども“ザ・チャイルド”との危険な冒険を描く「スター・ウォーズ」初の実写ドラマシリーズです。

シリーズの生みの親ジョージ・ルーカスの創った「スター・ウォーズ」を愛する製作陣が、本作は“ルーカスのビジョン” が何よりも大切にされていることを語っています。

ジョージ・ルーカスが自身のビジョンを実現できる後継者と認めたのは、シーズ ン1の複数エピソードの監督を務めたデイブ・フィローニ。ルーカスから直々に「スター・ウォーズ」を学んできた彼は、ルーカスから語られていた「将来のスター・ウォーズは映画だけでなく、ドラマシリーズ形式で展開されるものになる」というビジョンを3DCG テレビアニメシリーズ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」シリーズそして、「マンダロリアン」で実現させたのです。

そんなルーカスの夢が詰め込まれ た『マンダロリアン』では、『スター・ウォーズ エピソード 6/ジェダイの帰還』でルーク、レイア、ハン・ソロら反乱軍により、ダース・ベイダーの圧倒的な恐怖で銀河 を支配していた帝国が崩壊した後の、帝国軍の残党や無法者がのさばり混沌 が支配する時代が描かれる。本作の主人公で孤高の賞金稼ぎマンダロリアン とフォースの力を秘めた特別な子供ザ・チャイルドのエモーショナルな絆の物語は、観客の心を掴んで離しません。

フィローニは、本作の物語について「僕はジョージの創造物を尊重したいし自分のものと感じたことはない。脚本を書いている時に彼がきて、意図や想定と違う所は軌道修正してくれた。これは彼の物語。ミレニアム・ファルコンやチューバッカ、ヨーダもダース・ベイダーも彼の産物だ。僕らはそれをありのままに引き継いでジョージがしてきたように新たな物語を紡ぐんだ」と語っています。

また、「スター・ウォーズ」をこよなく愛し、『アイアンマン』 (08)や『ライオン・キング』(19)を世に送り出してきた製作総指揮ジョン・ファブローは、「スター・ウォーズっぽい作品を目指したわけではない。ルーカスだったら、どんな続編を作るか、と考えたときに、まず彼がどんな作品に影響されてスター・ウォーズを作ったかという原点に立ち返る必要があった」と話しており、自身らの考える「スター・ウォーズ」ではなく、ルーカスのビジョンを究極的に追求した作品になっているとのこと。

その言葉通り、ファブローはルーカスに影響を与えた黒澤明監督作品や日本文化を調べ尽くし、日本の時代劇の『子連れ狼』や『用心棒』などの侍映画に行き着き参考にしたことを明かしています。『マンダロリアン』は、まさにルーカスの魂が継承された作品と言っても過言ではないのです。

【関連記事】「スター・ウォーズ」の愛されドロイド健在! マンダロリアンとの関係性に胸アツな「IG-11」の魅力
https://getnews.jp/archives/2783791

10月30日(金)よりディズニープラスにて独占配信中(毎週金曜17時配信)

access_time create folderエンタメ

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧