【試写会プレゼント】綿谷りさの小説が映画化。のんが一人の快適な生活に訪れた変化を演じる『私をくいとめて』

access_time create folder生活・趣味




高校在学中の2001年「インストール」で第38回文藝賞を受賞しデビュー後、芥川賞、大江健三郎賞など数々の賞を受賞してきた綿矢りさ原作の小説「私をくいとめて」。『勝手にふるえてろ』に続き、大九明子監督が再びメガホンを取り映画化! 過日第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」部門への正式招待が決定したニュースも話題となった本作が12月18日(金)より全国公開となる。


30歳を越え、一人での生活もすっかり板についてきた黒田みつ子(のん)。みつ子が一人でも楽しく生活できているのには訳がある。脳内に相談役「A」がいるのだ。人間関係や身の振り方に迷ったときはもう一人の自分「A」がいつも正しいアンサーをくれる。
「A」と一緒に平和なおひとりさまライフがずっと続くと思っていたそんなある日、みつ子は年下の営業職、多田くん(林遣都)とプライベートで遭遇し、会話を重ねるようになっていく。相手を思いやる距離の取り方ができ、礼儀正しい多田くんは徐々に気になる存在に。一人の快適さになれ、そこに訪れる変化に戸惑いながらも、一歩をふみだすみつ子の姿とAの会話は優しく、観るものを静かに鼓舞してくれる。
本作にはみつ子や多田くん以外にも、自分を機嫌良くさせる術を知って楽しく生活している先輩ノゾミさんや、空気を読まずに堂々と生きるカーターなど、魅力的なキャラクターが多く登場する。一人で生きることを卑下するでもなく、誰かと生きることを強制するでもなく、それぞれの選択の一つとして尊重しているが故に成り立つ、楽しくもフルフルと心が揺れるような繊細さを持った作品だ。


監督は、『勝手にふるえてろ』(17)で第30回東京国際映画祭コンペティション部門・観客賞をはじめ数々の賞を受賞、その後も『美人が婚活してみたら』(19)、『甘いお酒でうがい』(20)など次々と話題作を手掛ける、大九明子。
おひとりさまヒロイン・みつ子に扮するのは、劇場アニメ『この世界の片隅に』(16)で主人公・すずの声を演じ、女優・創作あーちすととして活動の幅を広げる のん。みつ子が恋する腹ペコな年下男子・多田くん役には、連続テレビ小説 「スカーレット」(19)、CX「世界は3で出来ている」(20) 、この秋放送される「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・CX)など話題作への出演が絶えず、本年はさらに映画『護られなかった者たちへ』、来年は『恋する寄生虫』、『犬部!』と公開待機作が控え、今最も注目を集める実力派俳優・林遣都が演じる。
さらに臼田あさ美、片桐はいりといった実力派役者陣や、本作で映画初出演となる若林拓也も存在感を発揮し、“大九ワールド”満載の本作を鮮やかに彩る。


第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」部門正式招待作品の本作を公開に先駆け、試写会プレゼント。







『私をくいとめて』試写会



【日程】11月10日(火) 18:00 開場/18:30 開映 
【時間】開場18:00/開映18:30開演(本編133分) 
【会場】一ツ橋ホール (〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
【ご招待】5組10名 様



空メールを送信するとプレゼントに応募できます。(←クリック)ご応募お待ちしております。
後日当選された方にはいただいたメールアドレス宛にNeoL編集部よりご連絡させていただきます。


【注意事項】
※受付時間やイベントの詳細はご当選者へのみお知らせいたします。
※当選者ご本人を含む2名様のご招待となります。
※満員の際は消防法によりご入場をお断りいたします。予めご了承ください。
※開演後のご入場は堅くお断りいたします。
※場内での録音・録音機器の使用を固く禁止致します。
※開場・開演時間は変更になる可能性がございます。


【新型コロナ対策に伴う注意事項】
※本イベントは、新型コロナウィルス対策の下で実施いたします。
※新型コロナウィルス感染症に関する政府の発表等状況を鑑み急遽中止とさせて頂く場合がございます。
※新型コロナウィルス感染症予防対策として、マスクの着用を必須とし、試写会受付にてアルコール消毒液での手指の消毒、検温のご協力をお願いいたします。検温して頂き、37.5℃以上の場合、誠に申し訳ございませんが、ご入場をお断りさせていただきます。
※会場内での大声での会話などは控えていただくようお願い申し上げます。
※試写会当日を含む2週間以内に、参加者とその同居人に発熱や咳等の症状がある場合は試写会に参加できません。
※試写会場へはなるべく公共交通機関を利用せずにお越しください。公共交通機関を利用する場合は混雑を避けてお越しください。
※試写会や試写参加を目的とした移動中などで新型コロナを含む疾病に感染した場合、弊社は責任を負いません。


『私をくいとめて』
12月18日(金)全国ロードショー
監督・脚本:大九明子 原作:綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日文庫/朝日新聞出版刊)
出演:のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 片桐はいり ほか
監督・脚本:大九明子 音楽:髙野正樹
製作幹事・配給:日活 制作プロダクション:RIKIプロジェクト 企画協力:猿と蛇
©2020「私をくいとめて」製作委員会
公式HP:kuitomete.jp 公式twiter:@kuitometemovie

access_time create folder生活・趣味
local_offer

NeoL/ネオエル

都市で暮らす女性のためのカルチャーWebマガジン。最新ファッションや映画、音楽、 占いなど、創作を刺激する情報を発信。アーティスト連載も多数。

ウェブサイト: http://www.neol.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧