1話1話イメージが変わる……TVアニメ『呪術廻戦』最強呪術師・五条 悟役:中村悠一インタビュー 中の人も最強!?「今、自力で治しています」

access_time create folderエンタメ

TVアニメ『呪術廻戦』が2020年10月2日(金)よりMBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠にて深夜1時25分より放送中! 特級呪術師の五条 悟を演じる、中村悠一さんのインタビューをお届けします。

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載中、シリーズ累計発行部数850万部を突破している大人気コミック『呪術廻戦』(芥見下々・著)がついにアニメ化! 驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)はごく普通の高校生活を送っていたが、ある日“呪い”に襲われた仲間を救うため、特級呪物“両面宿儺の指”を喰らい、己の魂に呪いを宿してしまう。

呪いである“両面宿儺”(りょうめんすくな)と肉体を共有することとなった虎杖は、最強の呪術師である五条 悟(ごじょうさとる)の案内で、対呪い専門機関である「東京都立呪術高等専門学校」へと編入することになり……呪いを祓うべく呪いとなった少年の後戻りのできない、壮絶な物語が廻りだす―。少年は戦う――「正しい死」を求めて。

中村悠一さんに、五条 悟の印象や演じていて感じたこと、また、最近中村さんに起こった最強な出来事までお話を伺いました。

死が身近にある五条は1話1話イメージが変わるキャラクター

――原作や台本を読んで、作品の印象を教えてください。

中村:ダークな作品だなと思いました。呪いがテーマになっていて、最初は単純に人助けをしていくお話かと思ったんですけど、案外そうでもなくて、人と人との憎しみや恨みなどが根底にあるので、単純な化け物を倒していくドラマだけではないんだと思ったのが、最初の印象です。

――五条 悟の印象と演じる際に意識していることはどんな部分でしょうか?

中村:1話、1話収録をしていく度に、相当イメージが変わるキャラクターで、それは原作を読んでいても感じています。新しく五条が描かれる度に、「あ、こういう面があるんだ」とか、「こういうことを考えて今まで動いてたんだ」とか。特に最初に触れさせていただいたときは、コミックスの宣伝用PVのときなんですけど、まだ3巻が出る前の頃で全然先のことや過去の話を知らない状態だったんですが、過去の話を踏まえるとキャラクターの印象は変わりましたね。演じる際に極力、統一感は持たせたいんですけど、1話、1話肉付けをしていくキャラクターだなと感じています。

――監督さんや音響監督さんからどのようなディレクションを受けましたか?

中村:虎杖のおじいちゃんが死んで火葬場から出てきたところで、虎杖と2人で話すんですけど、“どうしたの?何があったの?”という話を、最初テストでやった際に、音響監督さんからは「ちょっと虎杖に寄り添い過ぎていて優しすぎる」と言われて。「五条はもう少し死などに近い存在なので、人が死ぬことがすごく悲しいとか、そういうことは感じていないから、もうちょっと日常的な会話の流れにしてください」と言われたのが、自分の中で意外というか、「そうなんだ」と思ったところです。

その理由を考えてみると、五条は生まれつき、ずっと能力を持って狙われ続けて戦ってきた人生を送っていて、過去編とかに多く描かれていますけど、周りで死んでいる人をたくさん見てきているわけだから、人間が死ぬということに対しての捉え方が、今現在の中村個人とは違うんだな、と。この作品が、あくまで日常のすぐ隣で起きている戦いのように見えるから、僕らの日常を挟み込みがちなんですけど、そうではないんだな、というところを改めて気付いた場面でした。こういったことが1回出てくると、その先で思い描いていた五条のキャラクター像から少し変化していって……となってくるところが、1話1話イメージが変わるところかなと思います。

――その気付きを経て、ご自分からご提案されたことはありますか?

中村:現状はないですけど、ひょっとしたら将来的に五条の過去のエピソードを演じることがあると、それは巻き戻したキャラクターを演じなければいけないので、その巻き戻し具合をどこまでするかなどのディスカッションに入るんだろうなと思います。

――序盤で気になるキャラクターは?

中村:夏油 傑(げとうすぐる)ですね。夏油のキャラ像も結構五条に似ていて、先の話数まで知っているのと知らないのとでは、演じ方が変わるんですよね。それをどう演じるのかな?というところは気になります。アフレコは、昨今の事情的に全員揃って一緒に収録するということが出来ないので、絡みのあるキャラクターだけで収録をしているんです。夏油は現状、僕(五条)と絡みがないので、敵サイドは真人(まひと)とかしか絡んでいないんですよ。だから、今どういう形で演技方針が付けられてどういうお芝居になっているのか、どういう声になっているのかを、僕もオンエアまでわからないので、そういう意味では気になって楽しみにしているキャラクターですね。五条以上に夏油は演じ方が難しいと思います。

中村悠一の身に起こった最強なこと

――アフレコ現場の様子を教えてください。

中村:大体3人ずつくらいで少人数のグループに分けて録っているんですけど、前後のグループの人と会うんですよ。だから、次のグループの人達とは距離を保ちつつ雑談しますね。自粛してるから、たぶんみんな寂しいんだと思います。アフレコ現場には、寂しん坊たちが集まってる(笑)。

――五条は自他共に認める最強呪術師ですが、中村さんの周りで最近あった、最強だと感じたすごいことは?

中村:今ストレートネックを自力で治しています。

――すごいですね!?

中村:首と肩がめちゃくちゃ痛くて、寝違えたのかなと思ってたんですけど、どうも調べたらストレートネックじゃないかと。そこから即座に機材を揃えたり、ストレッチをするようにしたら、みるみる良くなって。ストレートネックが一番酷かったときは、僕は痛すぎて腕が肩から動かなくて、Tシャツが脱げなかったんですよ。でも、もう今では余裕で脱げるようになりましたね。

――すごいです……!

中村:すごいですよね? 僕はスマホじゃなくて、家のパソコンの環境を変えたらなったので、やっぱりデスクワークの人はなりやすいと思います。

――知り合いも在宅ワークが増えて首のヘルニアになっていました。

中村:それはストレートネックを放っておくとなるんですよ。僕はずっと湿布を貼っていたんですけど、要は腰のヘルニアと一緒で神経的な痛みだったので、何の効果もなくて。だから、本当にみなさんストレートネックには気を付けたほうがいいと思います。

――要注意ですね! では、アニメの放送を楽しみにされている方にメッセージをお願いします。

中村:五条を筆頭に個性的なキャラクターが数多く出てきてみんなそれぞれ一筋縄でいかない能力を持っています。説明がすごく難しいんですが、アニメだと音声と画で説明もできますし、ドラマを観ながら追いかけやすく作られているんじゃないかなと。みなさんも放送を楽しみに待っていただいて、毎週欠かさずに観てもらえると嬉しいです。

アニメは丁寧に作っているので、みなさんが思っているより進みは遅いと思います。先が気になって終わります(笑)。だから、原作に続いてください。そして、今後アニメが2期、3期と続くよう応援して待っていただきたいです。よろしくお願いします。

――ありがとうございました!

関連記事:
TVアニメ『呪術廻戦』は玉犬の可愛さが見どころ!虎杖悠仁役・榎木淳弥インタビュー 五条役・中村悠一とのアフレコ話も
https://getnews.jp/archives/2749645

中村悠一「カラ松の魅力は、カッコつけているのに隙だらけ」18歳の6つ子それぞれの印象も語る『えいがのおそ松さん』インタビュー
https://otajo.jp/77555[リンク]

TVアニメ『呪術廻戦』作品情報

2020年10月2日より毎週金曜日深夜1時25分からMBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠にて放送開始!!
少年は戦う―― 「正しい死」を求めて

辛酸・後悔・恥辱
人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む
呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く
そして、呪いは呪いでしか祓えない
驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁はごく普通の高校生活を送っていたが、ある日“呪い”に襲われた仲間を救うため、特級呪物“両面宿儺の指”を喰らい、己の魂に呪いを宿してしまう
呪いである“両面宿儺”と肉体を共有することとなった虎杖は、最強の呪術師である五条悟の案内で、対呪い専門機関である「東京都立呪術高等専門学校」へと編入することになり……
呪いを祓うべく呪いとなった少年の後戻りのできない、壮絶な物語が廻りだす―

【STAFF】
原作:芥見下々(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:朴 性厚
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:平松禎史
副監督:梅本 唯
美術監督:金 廷連
色彩設計:鎌田千賀子
CGIプロデューサー:淡輪雄介
3DCGディレクター:兼田美希・木村謙太郎
撮影監督:伊藤哲平
編集:柳 圭介
音楽:堤 博明・照井順政・桶狭間ありさ
音響監督:藤田亜紀子
音響制作:dugout
制作:MAPPA
オープニングテーマ:Eve「廻廻奇譚」(TOY’S FACTORY)
エンディングテーマ:ALI「LOST IN PARADISE feat. AKLO」(MASTERSIX FOUNDATION)

【CAST】
虎杖悠仁:榎木淳弥 
伏黒 恵:内田雄馬 
釘崎野薔薇:瀬戸麻沙美 
禪院真希:小松未可子 
狗巻 棘:内山昂輝 
パンダ:関 智一 
七海建人:津田健次郎 
伊地知潔高:岩田光央  
家入硝子:遠藤綾 
夜蛾正道:黒田崇矢 
五条 悟:中村悠一 
東堂 葵:木村 昴 
禪院真依:井上麻里奈 
三輪 霞:赤﨑千夏 
楽巌寺嘉伸:麦人 
吉野順平:山谷祥生 
夏油 傑:櫻井孝宏 
漏瑚:千葉 繁 
花御:田中敦子 
真人:島﨑信長 
両面宿儺:諏訪部順一

<公式サイト>jujutsukaisen.jp[リンク]
<公式twitter>@animejujutsu
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧