THE PINBALLS、ロマンチックでゴージャスに"Dress up"したMotion Blue YOKOHAMA―オフィシャル・ライヴレポート

access_time create folderエンタメ

THE PINBALLS、ロマンチックでゴージャスに"Dress up"したMotion Blue YOKOHAMA―オフィシャル・ライヴレポート

THE PINBALLS が、10月3日(土)に神奈川・Motion Blue YOKOHAMAにて「Acoustic session Live “Dress up 2 You”」を2部構成で開催した。

そのオフィシャル・ライヴレポートが到着した。

THE PINBALLSは、9月16日に初のアコースティックセルフカバーアルバム「Dress up」をリリースしたばかり。バンドの代表曲や隠れた名曲に、バイオリン、ピアノ、サックスなどを加えたアレンジが施され、ジャジーでロマンチックな仕上がりとなった今作。ソールドアウトで迎えたこの日は、その収録楽曲を中心にアンコール含む全13曲を披露した。

客席が暗転し、ブルーに照らされたステージは、森秀輝(Per.)、furani(Key.)のサポートメンバーによるセッションでスタート。「Dress up」のビジュアル衣装を着た、石原天(Dr.)、森下拓貴(Ba.)、中屋智裕(Gt.)、そして古川貴之(Vo.)が拍手で迎え入れられると「欠ける月ワンダーランド」でアコースティックにライブの幕を開け、「劇場支配人のテーマ」を激しくプレイし序盤から高揚感を煽っていった。

古川が「ようこそお越しくださいました。」と挨拶すると、ライブハウスとは異なる空間で「いつも通りの俺でいようと思います。美しい場所ですが、リラックスして過ごしていただけたら」とオーディエンスに話しかけ、「こんな素晴らしい時間がなくならないように、夢が覚めないでほしい」と「沈んだ塔」「DUSK」を続けて披露した。

最高に幸せと何度も口にする古川は、「今日は“Dress up 2 You”ということで、素晴らしい音を重ねていただいて音楽をやっています。」とここで改めてサポートメンバーを紹介。そして新たに薗田佳煇(Sax.)を呼び込み、サックスの音色でドレスアップした「悪魔は隣のテーブルに」「299792458」とラグジュアリーに続けていった。

「バイオリンの音色と一緒にロックのサウンドを奏でるのが夢でした。」と、古川がemyu:(Vn.)を呼び込み披露したのは、Oasisのカバーで「Wonderwall」。子供の頃からロックンロールを演りたかったと語る古川は、スタートが恵まれていなかったという人生を彼らと重ねながら、「お兄さん(ノエル・ギャラガー)は本当に口が悪いんですけど、本当はすごく優しい人だと思っていて、そういう繊細なところが好きなんだ」と話し、ずっと愛してると明かした同曲をこの日だけの特別な編成で熱唱した。

バイオリンを編成することで景色を変えた「way of 春風」、そして一変して攻撃的なプレイを繰り広げた「毒蛇のロックンロール」で会場を熱気で包み込むと、あっという間にライブは折り返し。その後、石原がカホンに楽器を変えて前に出ると、充満する熱気そのままに「アダムの肋骨」でたたみかける。バイオリンのソロを響かせ始まったステージは、力強いリズム隊によるダンサブルなステージで、オーディエンスの身体を揺らしていった。

その後サポートミュージシャンを送り出すと、この4人でTHE PINBALLSとしてプレイする楽しさを再確認したと語る古川。バンドをやりたかったという結成当初の気持ちと重ね合わせながら、「4人で集まって早く音を合わせてみたいという気持ち。その気持ちを歌うなら一番あってる曲」として本編ラストは「ワンダーソング」。ひとり奏で歌い始める古川に、3人が音を重ねていく、感情たっぷりなプレイで魅了した。

アンコールでは、古川がひとりで登場。「いつもバンドに頼って甘えてしまうけれど、今日みたいな日はひとりで歌ってみようと思います。」と「片目のウィリー」を単独で弾き語り。そしてこの日ステージで音を重ねたメンバーを勢揃いに招集すると、改めてオーディエンスに向けて「今日ここに来てくれた意味をすごく嬉しく思います。それを無駄にしないように、その気持ちをプレイしたい」と最後は「あなたが眠る惑星」を賑やかに演奏。時にステージ上で視線を交わしあいながら、会場いっぱいのクラップと笑顔でライブを締めくくった。

THE PINBALLS「Acoustic session Live “Dress up 2 You”」
2020年 10月 03日 (土) 横浜・Motion Blue YOKOHAMA
[1部] OPEN 15:00 / START 16:15
[2部] OPEN 18:00 / START 19:15
出演:THE PINBALLS
サポート:森秀輝(Per.)、薗田佳煇(Sax.)、furani(Key.)、emyu:(Vn.)
●SETLIST
M1. 欠ける月ワンダーランド
M2. 劇場支配人のテーマ
M3. 沈んだ塔
M4. DUSK
M5. 悪魔は隣のテーブルに
M6. 299792458
M7. Wonderwall (Oasis cover)
M8. way of 春風
M9. 毒蛇のロックンロール
M10. アダムの肋骨
M11. ワンダーソング
Enc1. 片目のウィリー
Enc2. あなたが眠る惑星

ライブ写真:かわどう

・オフィシャル・ウェブサイト
http://thepinballs.org/
・Twitter
https://twitter.com/PINS_official
・YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCE_zZ1mX8I0IvPKVaHHzbwQ

THE PINBALLS、ロマンチックでゴージャスに"Dress up"したMotion Blue YOKOHAMA―オフィシャル・ライヴレポート

THE PINBALLS、ロマンチックでゴージャスに"Dress up"したMotion Blue YOKOHAMA―オフィシャル・ライヴレポート

THE PINBALLS、ロマンチックでゴージャスに"Dress up"したMotion Blue YOKOHAMA―オフィシャル・ライヴレポート

THE PINBALLS、ロマンチックでゴージャスに"Dress up"したMotion Blue YOKOHAMA―オフィシャル・ライヴレポート

THE PINBALLS、ロマンチックでゴージャスに"Dress up"したMotion Blue YOKOHAMA―オフィシャル・ライヴレポート
access_time create folderエンタメ
local_offer

OTOTOY

ハイレゾ音楽配信/メディア・サイト。記事も読めるようになったアプリもよろしくどうぞ。

ウェブサイト: http://ototoy.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧