「認知行動療法VR」のジョリーグッド、東京都が支援するプログラムに選出

access_time create folderデジタル・IT

株式会社ジョリーグッド(以下、ジョリーグッド)は、東京都が支援する創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラム「Blockbuster TOKYO」の「選抜プログラム(2020年度)」に選出された。同社は今後、うつ病の新しい治療法として「認知行動療法VR」の研究開発を進めていく。

「Blockbuster TOKYO」の内容とは?

創薬・医療系ベンチャー向けの「Blockbuster TOKYO」は、「研修プログラム」「選抜プログラム」の2つのプログラムによって構成される。

まず「研修プログラム」では、さまざまな分野の専門家を招き、セミナーや勉強会を月に1回程度実施。そしてジョリーグッドが今回選出された「選抜プログラム」では、具体的な事業計画を有するチームを対象として、メンターによる専門的な支援などを行う。2020年度の「選抜プログラム」に関しては、ジョリーグッドを含む計19チームの参加が決定している。

うつ病治療においてVR技術を活用

ジョリーグッドが行っているのは、ソフトウェアを使ったデジタル治療「デジタルセラピューティクス(DTx)」に関する研究だ。同社は、認知行動療法をベースにしたDTxとして「認知行動療法VR」を手がける。

「認知行動療法VR」では、その名の通りVR技術を活用。うつ病の治療法のひとつである認知行動療法を、よりスムーズで効果的なものにする。

ジョリーグッドは「認知行動療法VR」の研究開発を進め、最終的には保険適用の対象とすることを目指している。同社の今後の取り組みに期待したい。

PR TIMES(1)(2

(文・早川あさひ)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧