救世主か、捕食者か? 『Vampyr – ヴァンパイア』日本語版トレーラーが公開

access_time create folderゲーム

PS4、Nintendo Switch向けホラーアクションRPG『Vampyr – ヴァンパイア』日本語版のトレーラーが10月5日に公開された。同作はフランスで高い評価を受けているゲーム開発スタジオ「Dontnod」の新作。

1918年のロンドンを舞台に、ヴァンパイアとなった医師・Jonathan Reid(ジョナサン・リード)の葛藤に満ちた生活が描かれる。

医師か?吸血鬼か?主人公の葛藤を描くトレーラー

今回公開されたトレーラーでは、ジョナサンの葛藤が描かれている。真の怪物(ヴァンパイア)となったジョナサンを、吸血衝動が襲う。医師としての究極の目標「病」の治療法を見つけるためには、どれだけの命を犠牲にしなければならないのか。ジョナサンは良心の呵責に悩まされる。

ゲームシステムでも葛藤を再現

吸血の葛藤は、ゲームシステム上でも再現されている。『Vampyr – ヴァンパイア』には、独自のレベルアップシステムが存在。罪のない人々を吸血することで、膨大な経験値を得ることができる。

また、一人の死は周囲の人間にも影響を与える。たとえば、もし商人の妻が殺されれば、商人は店を閉めて街を出ることを決意するかもしれない。さらに、ひとつの地区で多くの死亡者が出ると、その地区のインフラが崩壊。混乱に陥ってしまう。生きるためにどの命を犠牲にするか……ジョナサンのみならず、プレイヤーも悩み、葛藤することとなる。

『Vampyr – ヴァンパイア』は2020年11月26日(木)発売予定。価格はPS4通常版が7480円(税、PS4スペシャルエディションが9880円、Nintendo Switch通常版が6980円、Nintendo Switchスペシャルエディションが9380円となっている(金額はすべて税抜き)。

GSE – Game Source Entertainment – 家庭用ゲーム 発売元 PS4、Nintendo Switch《Vampyr -ヴァンパイア》 救世主なのか、それとも捕食者か:
https://gamesource-ent.jp/news/detail/77[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

access_time create folderゲーム
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧