体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『007 スカイフォール』で初体験! 109シネマズのIMAXはスゴかった

top

誰もが知っている超ロングセラースパイ映画『007』シリーズ。最新作の『007 スカイフォール』が、12月1日に各劇場にていよいよ公開される。『007』シリーズは2年か3年に一度のペースで公開され続け、今回の作品で23作品目。『007』シリーズが今年で50周年となる。筆者は運がいいことに、そんな記念すべき作品の先行試写会チケットを入手できたので、神奈川県川崎市にある“109シネマズ川崎”に見に行ってきた。

ここ109シネマズ川崎には、『IMAX』という施設があり、普通の劇場とは変わった方式で上映しているらしい。「プレミアムシアター」と呼ばれており、入場料も一般2000円と、通常の映画より200円ほど高い。筆者自身は『IMAX』初体験で、200円の差でどれほど満足感が違うのかという検証も兼ねてレビューしてみる。

007スカイフォールの見どころ

『007 スカイフォール』

ボンド役がピアース・ブロスナンからダニエル・クレイグに変わってはや3作目。筆者の印象からはダニエルがピアースを超えることはないと思っていたが、今回で認識がガラリと変わる。ボンドはセクシーにスタイリッシュで誰をも虜にする魅力を持っていなければならないが、今回のボンドは負け犬なのだ。

命も、プライドも、地位も、殺しのライセンスも全て失わなければならなくなった。なんとかエージェント007として復帰するも老いたボンドは身体機能も低く、射撃テストでも散々な結果に終わるが、Mの信頼を受け任務を続行する。持ち前の経験と失うものがないボンドに怖いものはなく、いつものクールでスタイリッシュな展開からダークヒーローを思わせるような展開に。

何か一つがかけているボンドを周りがサポートし、哀愁漂うダメ男になったボンドが持ち前のカンを頼りに復帰していくのだが、非常に男臭い映画となっている。過去の作品と比べると遊びのシーンがあまりなく、ほとんどがシリアスなシーン。そのため、アクション要素も非常に多い。特に、毎回おなじみとなっているタイトル前のチェイスシーンは目を見張る物がある。今回はイスタンブールの街の屋根をバイクで爆走するのだが、爽快感よりも緊張感が強く、ハラハラドキドキが止まらない。そんなアクションシーンがストーリー的にきちんと成功するのかどうかが、一番の見所ではないかと思う。これが成功してこれが失敗するの!? そんなのってアリかよ! そんな風に思うシーンが多く、スクリーンから目を離すことができない。

驚くスタジオセットの魅力

見どころも重要だが、その魅力を一層引き立てるのは様々なロケ地やスタジオセットであることは間違いない。イスタンブールから始まり、ロンドン、上海、マカオ、スコットランドと様々に舞台をテンポ良く移動させる。その中でもスタジオセットが秀逸に見えた。

ボンドが初めてセブリンと出会うきらびやかなカジノもスタジオセットで作られている。コモドオオトカゲのような生物が地下フロアに飼われておりアングラな雰囲気をかもし出すカジノだが、こちらは中国から12人もの熟練工を呼んで作られている。筆者は実際にあるものだと思ってしまい、調べてみるとセットだと知って落胆してしまった。しかし、それほど精巧に見えてしまうのは、スタッフの腕と『IMAX』による視覚効果と言えるだろう。

また、驚くべき事に日本の軍艦島も登場する。安全上の問題で撮影にこそ使われなかったが、スタッフが軍艦島に訪れ、その様子を撮影し、それを忠実にロンドンのスタジオによって再現されている。しかし、セットとは思えないリアルな作りになっており、「軍艦島の内部はこういう作りになっているのか」と、劇中に感心してしまったほどだ。

IMAXでより没入感が味わえる

top候補

ダニエルに主演が変わってからは、より一層『007』シリーズがアクション色が強くなっているのは前二作から明白だ。爆発シーンも非常に多く、特にスカイフォール(ボンドの生まれ育った場所)でのシーンは見逃せない。しかし、見るべきところはアクションだけでなく、表情も注目だ。

その中でも筆者が一番グッときたのはベレニス・マーロウ演じるセヴリンの表情だ。彼女は敵組織により自由を奪われ、ボンドに近づくように命じられるのだが、そこの表情がすごくいい。スパイ映画独特の誘惑の中に、恐怖の表情が入り混じり、顔が強張っていく様が感じ取れ、『IMAX』初体験の筆者としては、「この人は何て豊かな表情ができるのだろう」と、映画にグイグイ引き込まれてしまう。もちろん彼女のみではなく、無機質に思われがちなボンドの緊張感漂う顔にも注目だ。

そして注目すべき点はもう一つ。アクション映画の命とも言えるのが臨場感と緊張感だが上記にも書いたとおり、それらを最大限に引き出すのは『IMAX』以外ほかにはない。

IMAX

そもそも『IMAX』とは何なのか。そこから説明したいと思う。『IMAX』はカナダのアイマックス社で作られ2009年公開された『トランスフォーマーリベンジ』とともに日本で初めて公開された。スクリーンが非常に大きく、往来の映画館より空間を持たせ、音響も独自のシステムにより、全ての座席がベストポジシションとなるように作られている。普通の映画館であれば、前、後、側面と6個程度のスピーカーが置かれているが、IMAXは前と後ろのみの配置となっている。

スピーカー

スピーカーも不思議な形をしており、言葉では表しにくい作りになっている。後方隅の2か所、台の上に設置されており、前のスピーカーはスクリーンの真後ろに設置されている。このような配置にもかかわらず、左からの音は真左から聞こえるように工夫されており、ささやき声等も耳元でリアルに聞こえてくる。しかし、一番すごいのはなんといっても映像だろう。

1 2次のページ
すこやか山田の記事一覧をみる

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。